【戦後76年 慰霊の日】戦跡を巡る② 「野嵩」 収容所設置で多くの人が行き交った過密ポイント

 
「32」という数字が書かれたヒンプン。野嵩に残る収容所時代の貴重な戦跡だ

ハウスナンバー32

 野嵩エリアを散策してみると、民家の敷地に古い井戸やコンクリート製の水タンクが残っており、昔の面影を数多く見ることができる。そんな街並みの一角に、「32」と数字の書かれた不思議なヒンプン(沖縄家屋独特の目隠し壁、魔除けの壁)が建つ家がある。

 この数字は野嵩の家屋が難民収容施設として使われていた頃、米軍が住居管理するために家の壁に書いた数字、いわゆる「ハウスナンバー」なのだ。このナンバーを基に収容人数の把握、食糧配給などがなされていた。今ではこの一箇所しか残っていないという。

 当時の家屋そのものが残っているわけではなく、壁の一部とヒンプンだけを残して建て替えているのだが、それだけでも地域の貴重な戦争遺跡だ。ハウスナンバーが書かれた民家の近くには、不思議な雰囲気を漂わせる古い屋敷が建っている。沖縄の伝統的な佇まいで、赤瓦にアマハジ、一番座、二番座などのある作りだ。
 ただ、西洋風な街灯が柱に掛けられているのが少し異質だ。実はこの屋敷、築90年以上になるが、野嵩一帯が収容所であった頃にMPいわゆる「ミリタリーポリス」の事務所として利用されていた建物だという。

築90年以上、様々な歴史を見てきたMPの事務所として使われていた屋敷

軍服の洗濯場として使われたクシヌカー

 宜野湾には湧き水が多く、野嵩にもいくつかある。中でも「クシヌカー」は水量が豊富で琉球時代から人々の生活に欠かすことのできない大事な水源だった。しかし収容所時代にはあまりの人の多さに、その豊かな水源さえも枯れてしまうのではないかと心配されるほどだったという。

 さらに米軍の日常的な洗濯場としても使われ、地元の女性たちが多い時には一日500〜600着もの米軍の衣類をこのカーで洗濯していた。彼女たちは軍から重宝され、北部への収容所移動対象から外されていたという。

クシヌカーは戦後、住民にとっても軍人にとっても重要な水源となった

 現在も野嵩クシヌカーでは水が湧き出ており、カーに降り立ってみると終戦当時の慌ただしさが聞こえてくる気がする。

*野嵩に残る住宅に関する史跡は、現在一般の方がお住まいになっているので、見学する上では住人の方に迷惑のかからないよう、マナーをわきまえ見学するようにしてください。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月11日投開票(8月25日告示)の沖縄県知事選挙を前にして、立候補予定者に観光政策を問…
  2.  「はいさい、我んねー王瑞豊んでぃいやびーん。みーしっちょーてぃ、うたびみそーり(私は王瑞…
  3.  日本最西端の島、与那国町。台湾までおよそ110キロしか離れていない「国境の島」だ。人口約…
  4.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  5.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…

特集記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  3.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ