新世代、世界のウチナーンチュ 2)タイ国日本人会勤務・嘉手苅紗耶さん 那覇市出身

 

スポーツ観光で沖縄―タイの橋渡し役も視野に

 嘉手苅さんは沖縄県で観光畑を歩んで来られたお父様の影響もあり、小さい時から海外や観光に大変興味があり、卒業後はタイに行くまで旅行社で働いていたように、観光に対して強い情熱がある。「縁があってタイに来てタイの家族と一緒にいるので、今後はこのネットワークも生かして、ただの観光でなくスポーツを通した観光などを行ってみたい」と話されていた。

 今後の観光はただ観光地を回るだけでなく、特別なテーマを持った体験型の観光が注目されるであろう。バンコクは東南アジアで最も早く沖縄との定期直行便が飛んだ都市でもあり、観光資源が豊富である。沖縄も野球やゴルフが活発なこともあり、嘉手苅さん一家がますます沖縄とタイの架け橋になるのも、遠い未来のことではなさそうだ。

「沖縄の若者に海外に行くチャンスを」

 沖縄の若者へのメッセージとして「自分は親の温かい理解もあり『チャンスがあるときに外の世界に出るべき』と背中を押されて海外に行かさせてもらった。海外に出ることにより、環境の違いや、漠然と想像していた理想と現実のギャップなどに驚かされたり、悔しい思いや大きな気付きなど、沖縄にいたらできない、いろいろな体験ができた」と言葉を寄せる。

 嘉手苅さんは、自身が小さい時から家族に海外に行くチャンスをもらっていたように、沖縄県が今後、若い人をサポートするようなシステムを作り、より多くのウチナーの若者にチャンスを与えることができたらいいのに、と考えている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

遠山光一郎

投稿者記事一覧

コンサルタント、OTS Global取締役。シンガポール在住。コザ出身。
高校までは赤点を量産していたが、なんとか沖縄国際大学に入学し、卒業。シンガポール国立大学院修士課程卒業。その後は、ベトナム駐在事務所設立業務、大手総合商社とメガバンクシンガポール支店勤務、チャンギ空港及び主要モールへ小売出店業、東証一部上場企業のシンガポール取締役として文化遺産会場管理運営等を経験。沖縄県ベトナム、シンガポール委託駐在員も歴任し、沖縄とアジアの直行便就航業務に関わる。

インスタグラム(@koichirotoyama_okinawan)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  2.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  3.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あ…
  4.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  5. 「番組を休んだ時に『おめでたじゃないの?』って言われることが結構あるんですが、できれば今後…

特集記事

  1.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  2.  ゴールデンウィーク(GW)に突入した。2年ぶりに「まん延防止等重点措置」などの活動制限の…
  3.  なぜ、ここまで強いのかー。  プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ