新世代、世界のウチナーンチュ 2)タイ国日本人会勤務・嘉手苅紗耶さん 那覇市出身

 

 行政や民間が強化に取り組む「世界のウチナーネットワーク」。海外に飛び立った多くのウチナーンチュとどのように協力し発展していくべきか、沖縄県のベトナム、シンガポール委託駐在員を歴任した遠山光一郎さんが世界各地のウチナーンチュを紹介していきます。


 私は嘉手苅紗耶さん(28)=那覇市出身=と二度、シンガポールとバンコクでそれぞれお会いしている。一度目は嘉手苅さんが沖縄ツーリストの添乗員として同行する高校生の修学旅行に、私が講師としてシンガポールで講演した時。二度目は私がOTSグローバルとしてバンコクの旅行博でレンタカーのプロモーションをしている時にである。

 もしかしたらその前にもお会いしている可能性もある。実は嘉手苅さんのお父様は沖縄県のシンガポール駐在員をされていた時期があり、その時、何度もお父様にお世話になっていたからだ。嘉手苅さんは当時1年間シンガポールで生活していたことがあり、その時にも、もしかしたらお会いしていたのかもしれない。勝手にご縁を感じてしまう。

モロッコでの経験で観光業に興味

 嘉手苅さんは沖縄尚学高校に在籍の時から海外に興味を持っていた。「アイアーン」という国際的ネットワーク組織に部活として参加しており、ボランティア活動や、年に1回世界中から学生が参加するユース会議に参加していた。

 活動の一環で北アフリカ・モロッコでの会議に参加する。「海外にきらびやかなイメージを持っていたが、その会議はアフリカ開催ということもあり、現実を目の当たりにして悔しい思いがあった」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ