沖縄県がインフルエンザ警報発令 3年4カ月ぶり

 
(沖縄県庁)

 沖縄県は19日、県内でインフルエンザが流行しているとして「インフルエンザ警報」を発令した。県が患者情報を収集する医療機関1カ所当たりの報告数が全国で最も多かった前週(1月2日~8日)と比べても1.8倍に達しているといい、県は「手洗い」「マスク着用」「予防接種」などの感染対策を徹底するよう呼び掛けている。

 県では、県内の医療機関56カ所を定点としてインフルエンザの患者情報を週単位で収集している。それによると、患者数は1カ所につき昨年11月28日~12月4日の週は0.11人だったが、昨年12月26日~1月1日の週は9.89人、今年第1週(1月2日~8日)は18.43人と急激に増加。さらに、第2週(1月9日~15日)は33.23人まで増加した。

 感染の拡大を受けて、県は12日にインフルエンザ注意報を3年ぶりに発令したものの、感染拡大に歯止めが掛かっていないといえる。今回の警報発令は、2019年9月11日以来、3年4カ月ぶりとなる。

 保健所別に定点となる医療機関1カ所当たりの患者報告数をみると、中部保健所が45.33人で最も多く、次いで八重山保健所39.33人、那覇市保健所29.67人、南部保健所27.57人、北部保健所26.00人、宮古保健所13.75人の順という。

 また、感染拡大により県内では10日~13日の4日間で、学級閉鎖が6施設、学年閉鎖も1施設で実施されている。学級閉鎖や学年閉鎖が行われている計7施設の地域別内訳は、中部3施設、南部3施設、那覇市1施設。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1. センバツ出場を決め、報道陣を前にガッツポーズを見せる沖縄尚学のメンバー=1月27日、那覇市国場の沖…
  2.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  3. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  4.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  5.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ