新種だったヤエヤママルヤスデ 学名由来は八重山の民話「赤馬(アカンマ)節」

 
八重山諸島に生息するヤエヤママルヤスデ(島野智之・法政大学教授提供)

 法政大学や京都大学などの研究チームが、八重山諸島に生息する日本最大の「ヤエヤママルヤスデ」(和名)が同諸島固有の新種だったことを論文で発表した。名付けた学名は「Spirobolus akamma(スピロボルス・アカンマ)」。ヤスデの漢字表記が「馬陸」であることや本種が赤と黒の体色の美麗種であることに加え、八重山諸島を代表する民話である「赤馬(アカンマ)節」にも由来しているという。

 ヤスデはムカデなどと共に多足亜門を構成している。ムカデは他の小動物を捕食するため、顎肢(がくし:足が変化してできた口器)に毒を持つことが多いが、ヤスデは腐植の有機物を餌としており、動きも比較的ゆったりで毒を持つ顎肢もなく咬まれることはない。

未解決だった分類学的位置付け

 研究を行ったのは環境省レッドリスト委員である法政大学自然科学センター・国際文化学部の島野智之教授、京都大学理学研究科大学院生の加藤大河さん、同大の中野隆文准教授、元環境省レッドリスト委員の高野光男さん。1月12日に公開された日本動物分類学会の「Species Diversity(スピーシーズ・ダイバーシティ)誌」に論文を発表した。

 ヤエヤママルヤスデは体長6.5~7.5cmと日本最大で、八重山諸島の石垣島、西表島、小浜島で記録されている。2006年からマルヤスデ属Spirobolusの未記載種のまま絶滅危惧II類(VU)として環境省版レッドリストに記載されていたが、分類学的な位置付けは長らく未解決だったという。

生息地で個体数減少 保全に向け研究

西表島のジャングル(資料写真)

 「本種の保全を考える上で、分類学的に明確にすることは必要である」として、研究に着手した。

 研究の結果、分子生物学的なアプローチでは核とミトコンドリア内の遺伝子の部分塩基配列情報がSpirobolus属に所属している事を示唆。さらに形態学的な視点からは、後脚の側縁に4つの鋸歯(きょし:のこぎり状の歯)を持つ点などで中国大陸や台湾の固有種と異なっていたため、論文に新種として記載した。

 ニュースリリースでは、生息地における個体数が減少していることから「今後、ますます保全の対象として、重要かつ貴重な種となる」と指摘している。

 

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. センバツ出場を決め、報道陣を前にガッツポーズを見せる沖縄尚学のメンバー=1月27日、那覇市国場の沖…
  2.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  3. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  4.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  5.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ