本命視の石垣スーパーシティ構想 3000億円の巨額プロジェクトの行方は

 

決め手は政権との距離か

 それにしても驚くべきはプロジェクトの巨大さだ。初期のインフラ投資と誘致企業の投資をあわせて事業規模は3000億円から4000億円。年間の沖縄振興予算をもしのぐ額にのぼる。改めて言うまでもなく、スーパーシティは国の特区であり、プロジェクトだ。「県は基本的に関係なく、あえて県とは調整せずに事を進めてきた」(石垣市幹部)という。一方、県幹部は「本当に構想が実現すれば、いい意味でも悪い意味でも県の観光業にも大きな影響を与えることになるだろう」と身構える。

 石垣市の開発は、農用地区域での開発行為が避けられない。開発には県知事の許認可も必要で、もしスーパーシティに指定され、住民合意を得てプロジェクトが始動すれば、石垣市、国、県との密接な連携が求められることになる。

「来年は知事選挙もある。それを考えれば、スーパーシティの指定に政治が絡んでくることは避けられない。その時に政権と玉城県政の関係が良好であればいいのだが…。いまは予断を許さない」(県幹部)

住民は寝耳に水

 ただ、スーパーシティ構想の推進には、住民の同意、合意が必要だ。

 現職の中山市長は3期目である。石垣市は保守地盤の自治体で、本来は保守系の中山市長は盤石のはずだが、2017年にゴルフ場建設をめぐって市有地を貸し出すよう市長を脅迫したとして市議が逮捕されるなど市政が混乱した挙げ句、18年の市長選挙では保守分裂選挙となった。来年3月の市長選挙でスーパーシティ構想推進の是非が争点になった場合、選挙結果次第では、仮に国から特区に指定されても事業がすんなり進むかは不透明だ。

石垣市役所

 さらに、肝心の市民の関心がスーパーシティにほとんど向いていないことも強い懸念材料だ。ある市議は、「市議会でスーパーシティの話題が出たのは、去年6月の一般質疑の一回だけ。そのときは、スーパーシティ法案が改正されたが、どう対応するかというまさに一般的な質問だけ。市も適切に対応するといった、表面的な答弁だった。議会ではまったく議論されていない」と実情を明かす。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ