伝統芸能が直面する苦難-国立劇場おきなわ コロナ禍の模索と展望(下)

 
国立劇場おきなわ芸術監督 嘉数道彦氏

 “沖縄伝統芸能の殿堂”といわれる国立劇場おきなわでも新型コロナウイルスの影響で、半数近くの自主公演が中止や延期となっていた。コロナ禍の2020年に劇場が直面してきた困難を振り返りながら、今後の展望などを国立劇場おきなわの嘉数道彦芸術監督に聞いた。今回はそのインタビューの後半をお送りする。

世間話も文化継承「気軽に集えない寂しさ」

 国立劇場おきなわでは現在も、マスク着用やアルコールでの手指消毒はもちろんのこと、楽屋に出入りする付き人(各出演者の衣装・化粧・結髪などを手伝う人のこと)を減らしてもらったり、稽古時間をずらして出演者同士が密集しないようにしたり、時間短縮のために舞台化粧を無しにしてリハーサルに取り組んだりするなど、様々工夫しながらも舞台活動を継続している。

 劇場に人々が気軽に集って世間話ができなくなったことは、文化継承にも影を落としているという。

 国立劇場おきなわ嘉数道彦芸術監督は「最低限の稽古は今でも継続しているが、ベテランの先生方が稽古指導以外で話す茶飲み話も、芸能文化継承にとっては大きな意義のある時間だ。しかし、今はそういった事も省かねばならないつらい時期。たしかに運営が合理的になった面もあるが、一見無駄と思えるような人間的なやり取りが無くなってしまうと、劇場としては寂しい限りだ」と話す。

共通ロビー(公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団提供)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵国場組大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ