伝統芸能が直面する苦難-国立劇場おきなわ コロナ禍の模索と展望(下)

 
国立劇場おきなわ芸術監督 嘉数道彦氏

 “沖縄伝統芸能の殿堂”といわれる国立劇場おきなわでも新型コロナウイルスの影響で、半数近くの自主公演が中止や延期となっていた。コロナ禍の2020年に劇場が直面してきた困難を振り返りながら、今後の展望などを国立劇場おきなわの嘉数道彦芸術監督に聞いた。今回はそのインタビューの後半をお送りする。

世間話も文化継承「気軽に集えない寂しさ」

 国立劇場おきなわでは現在も、マスク着用やアルコールでの手指消毒はもちろんのこと、楽屋に出入りする付き人(各出演者の衣装・化粧・結髪などを手伝う人のこと)を減らしてもらったり、稽古時間をずらして出演者同士が密集しないようにしたり、時間短縮のために舞台化粧を無しにしてリハーサルに取り組んだりするなど、様々工夫しながらも舞台活動を継続している。

 劇場に人々が気軽に集って世間話ができなくなったことは、文化継承にも影を落としているという。

 国立劇場おきなわ嘉数道彦芸術監督は「最低限の稽古は今でも継続しているが、ベテランの先生方が稽古指導以外で話す茶飲み話も、芸能文化継承にとっては大きな意義のある時間だ。しかし、今はそういった事も省かねばならないつらい時期。たしかに運営が合理的になった面もあるが、一見無駄と思えるような人間的なやり取りが無くなってしまうと、劇場としては寂しい限りだ」と話す。

共通ロビー(公益財団法人国立劇場おきなわ運営財団提供)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組国場組琉球海運_広告前田鶏卵

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ