こま技世界9位、港川中1年照屋さん “何でも回す”次世代の星

 

骨折しても日本一、県内初の快挙

 礼さんは、日本こままわし普及協会が認定する「こま技段位」で最高位の6段を小学生で初めて合格し、日本で3人、県内で唯一の有段者になった。2019年には全日本こま技選手権大会で、出場直前に利き手親指を骨折するトラブルに見舞われながらも小学生以下の部で優勝、日本一となった。

 その功績は、地元浦添市で、スポーツや文化活動など全国や海外で顕著な成績を収めた人に送られる「輝くてだこ市民賞(個人受賞は58人目)」に選ばれ、表彰式ではこまとけん玉を使った華麗な技を披露した。

全日本選手権小学生の部で優勝当時の礼さん(写真提供:母貴子さん)

こま界の「次世代を担う実力者」世界9位

 中学校へ入学し、2020年には、こまの世界大会「ITSAワールド・スピントップ・オンライン・コンテスト2020」に出場し、世界22ヶ国97人の出場者の中から、伝統フリースタイル部門で9位、オープンフリースタイル部門で10位に入賞した。大会は国際スピントップ連盟(ITSA)がハンガリーで開催する予定だったが、新型コロナの影響によりオンライン開催となったことで、過去最多の人数が申し込み、これまでにない高いレベルの戦いが繰り広げられたという。

世界大会で受賞した伝統フリースタイル部門、オープンフリースタイル部門のメダル(写真提供:母貴子さん)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵国場組大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ