こま技世界9位、港川中1年照屋さん “何でも回す”次世代の星

 

親子で世界に挑戦

 輪にしたひもでこまを空中で投げて、股下で受け止めたり、ひもを使って手に載せたりする技を披露する礼さんは、「技が決まった時の爽快感がたまらない」と、こまの面白さを語る。

 そんな礼さんを陰で支えているのは、父・響さんと母・貴子さんだ。礼さんは、父の存在が技術向上の原動力となっていると明かす。響さんは「周りに一緒に楽しむ相手がいることも大事だと思ったので、息子がコマに熱中している間に、私はけん玉の練習をした。いくつかの技は息子よりも先にできるようになった」と話し、自身はけん玉道準初段(日本けん玉協会認定)を取得し、けん玉の普及員も務める。

 現在、礼さんは「Zero」、父・響さんは「Kyo」という芸名で活動。親子でけん玉の世界大会に挑戦したり、東京のけん玉強豪チーム「スピンギア」の一員となったりと活動の幅を広げている。けん玉とこまを掛け合わせた「Kenkoma style」というオリジナルのスタイルを確立し、父・響さんが管理するインスタグラムでは、新しい技やパフォーマンスの映像を見ることができる。

けんこまスタイルを披露する礼さん、響さん(インスタグラムより)<インスタグラム:@kyoteruya>

人を楽しませるパフォーマー目指す

 今では自宅にけん玉が110個、こまは50個。こまを削ったりと独自で改良も行う礼さん。最近はペン回しや大道芸によく使われるディアボロというこまにも挑戦している。

 将来の夢である「シルク・ドゥ・ソレイユ」の舞台に立つために「パフォーマンスの幅を広げていきたい」と新しい技の習得に挑戦し、日々全力だ。

 今後、沖縄や全国、世界で活躍する礼さんの姿が楽しみだ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

安里 三奈美

投稿者記事一覧

ボリビア在住3年、1児の母。フリーライターとして観光や沖縄県系コミュニティーについてWEBや紙媒体で執筆、寄稿等を行う傍ら、家系図や家族史・自分史の制作会社の代表も務める。2011年に県系の若者をつなぐネットワークを構築、県系若者が集う大会を世界各地で開催。2015ミスうるま。著書に「刻まれた21cm」(文芸社)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組前田鶏卵国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ