FC琉球「進撃式」 攻撃的スタイルを貫きJ1昇格目指す

 

 サッカーJ2のFC琉球は21日、那覇市内のホールで「2021シーズン進撃式」を開催し、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため限定されたサポーター約100人を前に、意気込みを発表した。今年のユニフォームも披露された。

 FC琉球は今年、チームスローガンに「FORWARD-琉球進撃-」を掲げ、J1昇格が目標。昨年の成績は14勝8分20敗、勝点は50で、指揮を執る樋口靖洋監督は今年1月、「J1昇格には勝点80が必要。とても高い山かも知れないが、チーム全員で登り切りたい」と語っている。

 21日の進撃式でも、樋口監督は、「今年はホップ、ステップ、ジャンプの『ジャンプ』の年。沖縄の青い海と青い空には守備のサッカーは似合わない。我々の攻撃的サッカースタイルを貫き、全力で戦っていきます。一緒に戦いましょう!」と強く宣言した。

 昨年に引き続き3年連続でキャプテンを務める、県出身の上里一将選手は「今年は4チーム降格、2チーム昇格になるが、下を見ず上を向いて、新しい力をプラスし、J1昇格の目標達成のために全力で戦います。そのためにも全ての方のサポートが必要になります。1年間宜しくお願いします」と決意を述べた。 

進撃式で意気込みを語る県出身の上里一将キャプテン=21日、那覇市

「2年ぶりに戻ってきました!」

 同日は、新入団選手も紹介され、それぞれ意気込みを語った。2018年に琉球がJ2昇格を決めた際の立役者の一人、MFの中川風希選手は、「2年ぶりに戻ってきました。J3で優勝したときと同じように、優勝を味わえるよう頑張ります」と力を込めた。

 那覇市出身のDF上原牧人選手は「昨年途中から特別指定選手でしたが、今年新入団となりました。今年もダイナミックなプレーでチームに貢献したい」と強調した。同じく那覇市生まれのFW赤嶺真吾選手は「お聞きの通りハスキーボイスです。沖縄で飲み過ぎたわけではありません。宜しくお願いします」と語り、会場を沸かせていた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告国場組大寛組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ