FC琉球「進撃式」 攻撃的スタイルを貫きJ1昇格目指す

 

 サッカーJ2のFC琉球は21日、那覇市内のホールで「2021シーズン進撃式」を開催し、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため限定されたサポーター約100人を前に、意気込みを発表した。今年のユニフォームも披露された。

 FC琉球は今年、チームスローガンに「FORWARD-琉球進撃-」を掲げ、J1昇格が目標。昨年の成績は14勝8分20敗、勝点は50で、指揮を執る樋口靖洋監督は今年1月、「J1昇格には勝点80が必要。とても高い山かも知れないが、チーム全員で登り切りたい」と語っている。

 21日の進撃式でも、樋口監督は、「今年はホップ、ステップ、ジャンプの『ジャンプ』の年。沖縄の青い海と青い空には守備のサッカーは似合わない。我々の攻撃的サッカースタイルを貫き、全力で戦っていきます。一緒に戦いましょう!」と強く宣言した。

 昨年に引き続き3年連続でキャプテンを務める、県出身の上里一将選手は「今年は4チーム降格、2チーム昇格になるが、下を見ず上を向いて、新しい力をプラスし、J1昇格の目標達成のために全力で戦います。そのためにも全ての方のサポートが必要になります。1年間宜しくお願いします」と決意を述べた。 

進撃式で意気込みを語る県出身の上里一将キャプテン=21日、那覇市

「2年ぶりに戻ってきました!」

 同日は、新入団選手も紹介され、それぞれ意気込みを語った。2018年に琉球がJ2昇格を決めた際の立役者の一人、MFの中川風希選手は、「2年ぶりに戻ってきました。J3で優勝したときと同じように、優勝を味わえるよう頑張ります」と力を込めた。

 那覇市出身のDF上原牧人選手は「昨年途中から特別指定選手でしたが、今年新入団となりました。今年もダイナミックなプレーでチームに貢献したい」と強調した。同じく那覇市生まれのFW赤嶺真吾選手は「お聞きの通りハスキーボイスです。沖縄で飲み過ぎたわけではありません。宜しくお願いします」と語り、会場を沸かせていた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ