宿泊・観光業が「取り残されている」 コロナ禍で続く沖縄経済の正念場

 
人通りが減った国際通り

「県の対応が短いスパンに基づいた判断での医療施策に偏りすぎており、宿泊業や観光関連業が取り残されている」。新型コロナウイルス感染拡大の影響で危機的状況が続く中、県ホテル旅館生活衛生同業組合(以下、ホテル組合)で専務理事を務める中村聡さんはこう語る。
 県独自の3度目となる緊急事態宣言が出て2月19日で1ヶ月。県内感染者数増減の波が繰り返され、先の見通しはまだまだ見えない。飲食店への支援はある程度行われているものの、そのほかの観光に関連する業者への目配せはまだまだ十分とは言えない状態だ。

大きすぎる医療の“車輪”

 中村さんが社長を務める那覇セントラルホテルも2020年は「過去に類を見ない赤字」になる予定という。現状、補助金や融資などで「とりあえず回せてはいる」が、これからは「返せるかどうか」という負担感がじりじりと重みを増してくる。「昨年ごろからM&Aを勧めるようなDMの届く数が増えた」。

 ホテル組合が今年1月に実施した新型コロナによる影響調査では、1月19日の県独自の緊急宣言前から県内ホテルでは予約のキャンセルが相次ぎ、今後の国の施策についても不透明な部分が大きいため新規予約も伸びない“様子見”の状態が3月以降も続く見通しだ。

 感染状況を踏まえつつ、県も国もさまざまな対応をしてきているが未だ「正解」はない。そうした中で、県が感染対策として医療的側面を重視して観光や仕事での人の移動なども含めた経済面での動きを「全て止めようとする傾向にある」現状を中村さんは危惧する。

「人命を守るための感染対策、医療政策に注力するのは当然のことだし続けていかなければならないが、一方で“生き続けるための経済”もまわしていかないといけない。本来ならばこの両輪で前に進めなければいけないが、現状は医療の車輪の方が大きすぎて同じ場所でぐるぐる回ってしまっている」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ