浦添市長選WEB公開討論会詳報(上)JCI浦添主催

 

 2月7日投開票の浦添市長選に先立ち、浦添青年会議所は1月27日、立候補予定者(告示前当時)のウェブ公開討論会を同市内で収録、公開した。討論会の一部詳報を2回に分けて掲載する。

 市長選には届け出順に、自公推薦で3期目を目指す現職の松本哲治氏(53)と、共産や社民などが支援する前浦添市議の伊礼悠記氏(38)の2人が立候補している。

■YouTube「20210127_浦添市長選挙WEB公開討論会」
https://www.youtube.com/watch?v=l1N13KR0WrU&t=2979s

立候補を表明した理由

松本氏「3度目の出馬となります。飛行機で例えるならば、1期目で機種を替えて整備をし、2期目で実際に滑空に向けて加速をしているのが今でございます。浦添市で抱えるたくさんの課題に(3期目となる)あと4年間で継続して取り組むことで、浦添市という飛行機は大きく高く舞い上がることができると思っています。しっかりと市政を担わせて頂きたいです。私たちの街にはたくさんの課題がありますけれども、同時に可能性やワクワクするポテンシャルがたくさんあります。みなさんと一緒に花開かせていける次の4年間にして参りたいと思っております」

伊礼氏「市会議員になる前は看護師をしていました。国民健康保険証がなくて重症化して運ばれてくる患者さんを多く見てきました。日本は先進国なのに、なぜ貧困がゆえに命を落とさないといけない人がいるのかという現実から、市会議員を目指しました。今でもコロナ禍で医療現場は本当にひっ迫しています。みなさんの状況はどうでしょうか。職を失ったり、命や暮らしが脅かされたりという状況を何としても変えていきたいです。今、国の政治は自己責任を押し付けています。沖縄では米軍人によってコロナのクラスターも発生しました。米軍言いなりの菅政権には、今の状況は全く変えることができないと思っています。浦添市においても暮らしや命が守られる政治、一人一人が輝く浦添市を実現していかなければならないと思っています。多くの市民団体や政党のみなさんから要請頂いて、みなさんお一人お一人と一緒に新しい浦添市を作るという思いで、市長選挙に立候補を決意しているというところです」

浦添市の重要課題を3つ

伊礼氏「1つ目は軍港建設問題です。市長は1期目途中で公約を破って、軍港を受け入れました。その時、『浦添の未来を考えて軍港を受け入れた』とおっしゃっていました。その浦添の未来であったはずの、市長肝いりの(軍港移設場所)南側案も、防衛省が認められないとするやいなや、いともあっさりと公約を破ってしまいました。市民代表ではなく、日米両政府の代弁をする、日米に自己主張できない市長だと言わざるを得ません。市民の立場から言えば、軍港建設は許さないという民意を主張するべきです。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添…
  4. 「コロナで失業しました。子供がいることで不採用にもなった所が何か所かありました。仕事が探せ…
  5.  5月23日に4度目となる緊急事態宣言が始まった沖縄県。GW明けから新型コロナウイルスの感…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組大寛組琉球海運_広告前田鶏卵

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ