「政府の補償や支援内容を把握する」玉城知事、年末のGoTo一斉停止で

 
沖縄県庁=15日、那覇市

 政府が打ち出した年末年始のGoToトラベル一斉停止について15日午前、玉城知事は県庁で記者団に対し、「(新型コロナウイルスで)全国的に感染がまん延していることにかんがみた政府の判断だろうと思う」「相当な影響を受けると思うが、政府が示す補償や支援の内容をしっかり把握して、業界の皆さんと情報の共有に努めていくべきだろうと思う」と述べた。

 政府は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、12月28日から来年1月11日までGoToトラベルを全国一斉に停止すると発表。同期間に先立ち、札幌市、大阪市に加えて東京都、名古屋市についてもGoToトラベルの到着分を停止するほか、出発分も利用を控えるよう求めるとした。

 沖縄では10月、GoToトラベルに東京が追加されて入域観光客数やホテル稼働率が上向き、11月以降も期待が持たれていた。県も11月30日、GoToトラベルの対象から沖縄は除外を求めない判断をしていただけに、政府が示した方針が県経済に与える影響が懸念される。

時短要請の協力金は倍増

 一方、政府は年末年始の期間に都道府県が行う飲食店への時短要請について、協力金を1カ月で最大120万円に拡充した。1日当たりに換算すると日額4万円となる。これを踏まえ、県は15日、那覇市・浦添市・沖縄市の飲食店や接待を伴う遊興施設(キャバレーやスナックなど)に対する時短要請の協力金を48万円に引き上げた。

 県は、3市の飲食店などに対し17日から28日までの期間、夜10時までの営業とするよう時短要請を行っている。協力金は24万円とされていたが、政府の方針を受けて倍増したことになる。協力金の増額に伴い、県は15日、県議会に提案していた2020年度一般会計の第10次補正予算案の額を9億4456万円から20億8240万円に変更して再提案した。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ