FC琉球とGAKU−MCさんがコラボ 音楽とフットボールで人と人を繋ぐ

 


 90年代、「DA.YO.NE」の楽曲でヒップホップ初のミリオンセラーを記録、紅白歌合戦出場を果たし一躍脚光を浴びたEASTEND×YURI。そのメンバーの一人、GAKU−MCさんは、現在ラッパー、ミュージシャンとしてグローバルな活動をしながら、幼い頃からこよなく愛するサッカーを応援し続けている。


 2020年、スポーツも音楽も新型コロナウイルスの影響で厳しい状況にある中で、FC琉球は#OneOKINAWA(今こそ心を一つに何度でも立ち上がろう。勝利を信じ、共に進もう、誇りを胸に)に取り組んでいる。その活動に賛同したGAKU−MCさんは、先日、FC琉球のホーム、タピック県総ひやごんスタジアムに来場、試合前に「晴れたらみんなで」の楽曲を披露して、沖縄のサッカーファンに元気を届けた。

GAKU−MCさん ©️FC琉球


 GAKU−MCさんは、東京生まれの東京育ち、小学3年からサッカーを始めて高校の時に力の限界を感じて、音楽へと活動を移行した。高校でプロサッカー選手は諦めたが、趣味としてのサッカーは続け、今では自分のチームを作り、年間100試合(主に8人制)ほどこなすという。

 沖縄との縁を聞くと「沖縄は大好きで家族旅行で何度も訪れているし、ライブツアーも開催している注目の場所。スポーツも盛んで何よりサッカーをプレーしやすい所。FC琉球の試合は、特に小野伸二選手が入団してからはスポーツ専門の動画配信サイトに入会して、ほぼ毎試合チェックしている。今日はホームで生観戦するので嬉しい」。と楽しそうに話した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告大寛組国場組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ