FC琉球とGAKU−MCさんがコラボ 音楽とフットボールで人と人を繋ぐ

 


 90年代、「DA.YO.NE」の楽曲でヒップホップ初のミリオンセラーを記録、紅白歌合戦出場を果たし一躍脚光を浴びたEASTEND×YURI。そのメンバーの一人、GAKU−MCさんは、現在ラッパー、ミュージシャンとしてグローバルな活動をしながら、幼い頃からこよなく愛するサッカーを応援し続けている。


 2020年、スポーツも音楽も新型コロナウイルスの影響で厳しい状況にある中で、FC琉球は#OneOKINAWA(今こそ心を一つに何度でも立ち上がろう。勝利を信じ、共に進もう、誇りを胸に)に取り組んでいる。その活動に賛同したGAKU−MCさんは、先日、FC琉球のホーム、タピック県総ひやごんスタジアムに来場、試合前に「晴れたらみんなで」の楽曲を披露して、沖縄のサッカーファンに元気を届けた。

GAKU−MCさん ©️FC琉球


 GAKU−MCさんは、東京生まれの東京育ち、小学3年からサッカーを始めて高校の時に力の限界を感じて、音楽へと活動を移行した。高校でプロサッカー選手は諦めたが、趣味としてのサッカーは続け、今では自分のチームを作り、年間100試合(主に8人制)ほどこなすという。

 沖縄との縁を聞くと「沖縄は大好きで家族旅行で何度も訪れているし、ライブツアーも開催している注目の場所。スポーツも盛んで何よりサッカーをプレーしやすい所。FC琉球の試合は、特に小野伸二選手が入団してからはスポーツ専門の動画配信サイトに入会して、ほぼ毎試合チェックしている。今日はホームで生観戦するので嬉しい」。と楽しそうに話した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が世界自然遺産に正式決定する見通しだ。そのう…
  2.  6月末の沖縄県議会で、県立中部病院で発生した新型コロナウイルスのクラスターについての公表…
  3.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  4.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  5.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組大寛組琉球海運_広告前田鶏卵

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ