FC琉球とGAKU−MCさんがコラボ 音楽とフットボールで人と人を繋ぐ

 


 実は数年前、お正月に沖縄へ家族旅行をした際、ホテルのサウナで日本代表選手数名と出くわした。「日本のトップ選手が沖縄で年始から自主練習していることを知って驚いた。そして練習している沖縄の芝が素晴らしいことに初めて気づいた」。という。それまで沖縄=マリンスポーツだったのが「それからは、沖縄に来るときには必ずサッカー道具もって来るようにしたんですよ」。と笑った。

真ん中GAKU−MCさん、右上原慎也選手 ©️FC琉球

 昨年末は、宮古島で開催された「ドリームマッチin宮古島」にも参加。FC琉球の上里一将キャプテン(宮古出身)、小野伸二、上原慎也に加え、奥大介、名波浩、稲本潤一といった元日本代表選手たちもずらりと顔を揃え、沖縄を大いに盛り上げてくれた。


 FC琉球は今、チームだけでなく、観光、飲食業など大打撃を受けている人たちの為に、クラウドファンディングやチャリティーユニフォームの販売を行っており、夢と希望を持ち続けて欲しいと、オリジナルサッカーボールを各学校に4個ずつ合計1056個寄贈する「沖縄『REVIVE−再興』プロジェクト」にも取り組んでいる。

学校にボール寄贈活動に賛同

 GAKU−MCさんは「音楽もそうですが、子供たちとふれあう行動を起こすことは、子供たちの夢に直結するし、モチベーションに繋がること。僕がここに一緒に参加出来るのは誇らしいし、自分自身前向きな気持ちになる」と積極的に参加している。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ