FC琉球とGAKU−MCさんがコラボ 音楽とフットボールで人と人を繋ぐ

 

 これまでも、サッカーを応援するためにサッカー仲間のMr. Childrenの桜井和寿とのユニット「ウカスカジー」を結成、「勝利の笑みと君と」の楽曲は、2014年FIFAワールドカップのサッカー日本代表公式応援ソングとして採用された。そして2018年ロシアワールドカップの時には、日本対ベルギー戦を現地で観戦している。

 「オフシャルの応援ソングを現地で聞きたいと思って出かけて。2−3で試合は負けたんですけどいいゲームだった。試合後に街に出てサウナに行ったら、そこでいろんな国の人から、『おまえ日本人か?日本いい試合したよね』って次々に声を掛けられて。サッカーってあっという間に人と人を繋いでくれるんだと思った。行ってみて、サッカーは勝敗だけでなく感じることが多い。なるべく現地で観戦したいと思う」と、当時を振り返った。

スタジアムで歌を聴くポーターたち


 この日、スタジアムで初めて披露した「晴れたらみんなで」の楽曲は、「天気が良くても、コロナで心がまだ曇ったまま。終息したら、みんなでサッカーやろうぜ!声を出して応援しようぜ!」という強い思いがこもっている。

「冬でも暖かい沖縄の気候の中でサッカーができる。首里城の時もそうでしたが、一日でも早く復興、復旧するために、みんなが助け合いワンチームになる。僕も微力ながら協力していきたい。僕もツアーがなくなったし、音楽業界もどう生きていくか大変で不透明な時代。それでも好きなことを続け、音楽とサッカーが寄り添って大きなうねりになっていくといいなと願っている。今、自分の出来ることをやる。コロナが収束し、チャンスが来たら一気に勝ち上がって攻めていけるようにしたいですね」と、力強く締めくくった。


*GAKU−MC(50)*
 日本のラッパー、ミュージシャン。ソロ活動と並行し、桜井和寿(Mr. Children)とのユニット「ウカスカジー」としても活動。東日本大震災の後、ボランティア活動を開始。キャンピングカーに乗ってキャンドルの灯と音楽で全国をリレーしながら、日本各地から被災地にメッセージを届けた。音楽とフットボールの融合団体「MIFA」を立ち上げ、旅と音楽とフットボールをテーマにチャレンジし続けている。
 

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

相羽 としえ

投稿者記事一覧

愛知県生まれ。東海ラジオアナウンサーからフリーアナウンサー&ライターに。スポーツニッポン、中日スポーツなどのスポーツ記者を経て、2017年沖縄与那原町に移住。3年間地域おこし協力隊として与那原の情報発信に務めた。現在もまちづくりなど様々な情報を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ