現場と役者橋渡しで県内エンタメ活性化 俳優/劇団座長・西平寿久

 

 芸能の島、沖縄。音楽やダンス、伝統芸能のみならず、演劇分野でも少なくとも50の劇団が活動していると言われる。県内外のドラマや映画、CMなどで活躍し、11月28日に沖縄テレビで放送された「沖縄偉人ドラマシリーズ コチンダジャハナ~沖縄初の農学士 謝花昇~」でも主演の謝花昇役を務めた俳優の西平寿久さんは、いち役者としての活動に留まらず、県内の俳優を制作サイドとマッチングするサービスなどを通して、県内演劇界の底上げや沖縄の観劇文化の活性化に尽力している。課題や期待について聞く。

「それぞれがそれぞれの人生を生きてほしい」

 「コチンダジャハナ」では、沖縄自由民権運動の父とも言われる謝花昇(1865-1908)が、民衆の立場に立って当時の県知事・奈良原繁と対立する様子などをシリアスに演じた西平さん。「謝花昇について、八重瀬町の歴史民俗資料館で2日間調べました。賢い人物像を意識して、頭の良い人がしそうなリアクションをしたり、口をぎゅっと締めたり」と現場を振り返る。

「コチンダジャハナ~沖縄初の農学士 謝花昇~」の共演者と西平さん(中央、本人提供)

 自由民権のために一線で闘った謝花と、沖縄の現状を対比させ「今は自由な世の中とされていますが、自殺者が多く、生きがいを感じられていない人も多いと言われています。エンターテイメントの人間としては『もっとそれぞれが自分の人生を生きてほしい』と思いますし、そうなるように(エンタメの)マーケットに対して闘っていかないといけないと考えています」

沖縄のエンタメ市場を盛り上げるサイト「演劇No.1」

 「マーケットに対して闘う」の真意とは。西平さんは、19年前に演劇の世界に身を投じた。現在は映画などの作品に出演するだけでなく、劇団「リバース・ザ・ワールド」の座長として定期的に公演を行ったり、俳優スクールを立ち上げたりして、県内でも数少ない“エンタメ1本で身を立てている”人物でもある。「民衆のための劇団」をコンセプトとしており「自分がやりたいような作品ではなく、観る側に求められている作品を意識しています」と語る。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組琉球海運_広告前田鶏卵国場組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ