現場と役者橋渡しで県内エンタメ活性化 俳優/劇団座長・西平寿久

 

 その俳優キャリアを名古屋でスタートさせ、25歳から30歳までは東京を拠点に活動していた西平さんが感じたのは、沖縄のエンタメ市場の脆弱さだった。「若い俳優には、沖縄で演劇だけで食べていくことに対して一度は『無理だ』ということを知ってほしいです。例えばCM出演の単価は東京と比べると桁が1つか2つ違います。そこを知らないと苦しみは終わりません」と、敢えて厳しい言葉で問いかける。そして続ける。「そのためには、新しい演劇の形を生み出さないといけません」

 そこで西平さんが始めたのが「演劇No.1」(https://engeki.okinawa)というサイトだ。サイトの紹介文には、こうある。「沖縄県内で厳しい低賃金生活の中、死にもの狂いで活動する役者達。そんな人達を知ってもらいたく立ち上げたサイト」。サイト内には、県内の劇団の公演情報や、俳優や劇団の紹介など、沖縄演劇界の情報プラットフォーム的な役割を果たしており、俳優陣の知名度向上や活躍のきっかけを提供している。

「演劇No.1」(https://engeki.okinawa

 “演じる側”と“観て楽しむ側”をつなぐ役割の向こう側に、実は西平さんはもう一つ見据えているものがある。それは「“俳優”と“オファーする側”をつなぐ」ということだ。

俳優と作り手のマッチングでニーズを把握

 西平さんは「劇団を立ち上げてしっかりと公演すれば、座長だけは食っていける、というのはあります。しかし収益面では『座長しか食べられない』『常に公演をやり続けないといけない』という壁にぶつかります」と、多くの劇団が陥りがちな現状を語る。
 「複数回舞台に立ったことがある人を俳優として定義するならば、俳優と呼べる人は沖縄にもざっと300人はいます」。そんな彼ら彼女らの個性を制作サイドのニーズと結びつけることで、活躍のすそ野を広げることに成功している。県内演劇に精通し、俳優にも作り手にも多くのつながりがある西平さんだからこそできる橋渡しだ。手数料も取らない「稀有なサービスです」と語る。事務所に属さない俳優へのオファーに関しては、ほとんどの場合で西平さんが間に入る形となっているという。

 演劇No.1のサイト自体は収益を上げることを直接の目的とはしていないものの、この動きは自身へのプラスの効果も生んだ。制作サイドが西平さんと接点をより持つようになることから、結果的に役の依頼が舞い込むようになっていった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ