【速報】玉城知事、肺炎で1週間程度入院へ 再度PCR検査実施

 
沖縄県庁

 県は27日、玉城デニー知事が26日夜から38度以上の発熱があり、医療機関を受診したところ細菌性肺炎のため約1週間の入院が必要と診断されたと発表した。

 玉城知事は、26日に体調不良を訴えて公務を休んでいたが、27日には公務に復帰して定例会見も実施する予定だった。同日の会見は中止となっている。

 26日に行った新型コロナウイルスの感染を判断するPCR検査で、玉城知事は陰性と判断されている。県は「念のため27日にも改めて検査を実施した」としている。検査結果は29日ごろに判明する予定。インフルエンザについては、26、27日の両日とも陰性だったという。

 入院中の公務は、富川盛武副知事と謝花喜一郎副知事が代行する。玉城知事は、16日にも喉の痛みを訴えて公務をキャンセルしていた。この時に実施したPCR検査も陰性だった。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  甲子園球場では高校野球のセンバツ大会がスタートし、球児たちの春が帰ってきた。一方…
  2. 飼い主様を探しています!見覚えのある方はDMまたは沖縄動物愛護管理センターのホームページま…
  3.  新型コロナの影響でタイトルをかけた決戦のリングにすら上がれなかったプロボクサーがいる。H…
  4.  卓球Tリーグチーム琉球アスティーダを運営する「琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社」と…
  5.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵国場組大寛組

特集記事

  1.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
  2. 「県の対応が短いスパンに基づいた判断での医療施策に偏りすぎており、宿泊業や観光関連業が取り…
  3. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ