【速報】玉城知事、肺炎で1週間程度入院へ 再度PCR検査実施

 
沖縄県庁

 県は27日、玉城デニー知事が26日夜から38度以上の発熱があり、医療機関を受診したところ細菌性肺炎のため約1週間の入院が必要と診断されたと発表した。

 玉城知事は、26日に体調不良を訴えて公務を休んでいたが、27日には公務に復帰して定例会見も実施する予定だった。同日の会見は中止となっている。

 26日に行った新型コロナウイルスの感染を判断するPCR検査で、玉城知事は陰性と判断されている。県は「念のため27日にも改めて検査を実施した」としている。検査結果は29日ごろに判明する予定。インフルエンザについては、26、27日の両日とも陰性だったという。

 入院中の公務は、富川盛武副知事と謝花喜一郎副知事が代行する。玉城知事は、16日にも喉の痛みを訴えて公務をキャンセルしていた。この時に実施したPCR検査も陰性だった。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が世界自然遺産に正式決定する見通しだ。そのう…
  2.  6月末の沖縄県議会で、県立中部病院で発生した新型コロナウイルスのクラスターについての公表…
  3.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  4.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  5.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵国場組大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ