なぜ沖縄は貧しいのか(1) 子どもの貧困概況 〜経年変化と保護者

 

困窮層ほど子育ての負担感強い

 困窮層の中での保護者の就労状況では、母親が無職もしくはパート・アルバイト、父親は自営業の割合が高い傾向にある。また、非困窮層に比べると労働日数が多いが、1日あたりの労働時間が短いという特徴もあることから、県は困窮層が労働日数を増やすことで収入の確保を図っていると分析している。
 だがこうした労働形態では十分な休暇をとることが困難で、保護者の健康状態への影響が懸念されるとし、困窮層が非困窮層に比べて健康状態が「良い」と答えた割合に10ポイント近い差がみられたことを指摘している(困窮層:48.5%、非困窮層:58.2%)。

子育てについての気持ち(平成30年度沖縄県小中学生調査)

 子育てへの気持ちについての項目では、「自分1人で育てているという圧迫感を感じる」という割合で困窮層が33.4%、非困窮層は20.1%と13.3ポイントの差が開いており、困窮層がより精神的な負担を強く感じていることが示されている。また、子どもとの関係では、「信頼している」「よく会話をする」「十分時間を過ごす」との回答は困窮層・非困窮層ともにほとんど8割を超えているが、「小さいころ絵本の読み聞かせをした」「一緒に図書館に行く」の2項目で9ポイントの差が出ている。

 子どもへの影響の面では、困窮層において絵本の読み聞かせや図書館を利用するといった文化的な行動の頻度が非困窮層よりも低く、子育てに対する負担感をより強く感じている傾向がみられる。日常的な生活の中で余裕がなく、子育てに費やせる時間が短くなることに伴って精神的な負担も高くなっていると県は推測している。

社会との「つながり」が希薄

 地域や友人とのつながりでは、「自分を支え、手伝ってくれる人」が「いる」と答えた割合で困窮層は非困窮層に比べて低い傾向にあった。経済的な面でも困難な状況にあるにもかかわらず、人とのつながりが希薄になっており、社会的なサポートをうける機会が少ない状況にあることが示されている。

 各市町村の支援員から支援を受けた経験の有無については、「よく利用している」「利用している」割合は全体で1.8%となっており、極端に少ない。さらに児童センターや放課後児童クラブ、無料塾などの各種施設の利用率についても、2~3割でとどまっており、県は課題として「制度の認知度・利用率をいかにあげていくかが重要である」との認識を示している。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添…
  4. 「コロナで失業しました。子供がいることで不採用にもなった所が何か所かありました。仕事が探せ…
  5.  5月23日に4度目となる緊急事態宣言が始まった沖縄県。GW明けから新型コロナウイルスの感…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵国場組琉球海運_広告大寛組

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ