支援を1人でも多くの被害者に(1) 「沖縄被害者支援ゆいセンター」の活動

 

沖縄特有の「障壁」

 ゆいセンターでは、県内全ての事件・事故被害者の相談を引き受ける。交通事故もあれば、性暴力や殺人などの犯罪事件の被害者も相談に訪れる。同種の事件や事故であっても、相談者の精神的ダメージの受け方や被害の受け止め方は個別に違うため、一般論では解決できない側面も大きい。そのため、相談員にはある程度の経験が求められる。自身もかつて被害者だったという相談員も勤めている。池原さんは「かなりデリケートで繊細な問題に向き合わなければならないので、相談員には被害者の話をきちんと受け止められるスキルが必要。相談員が未熟だと2次被害になることもあるので、一定のキャリアがなければできない仕事だと思う」と語る。「かなり辛いことを聞いたり、理不尽なことも多いので、精神的に持たない人もいる」

 そして、被害者相談には沖縄という立地特有の「障壁」もある。「コミュニティが狭いために、誰にも相談できずに1人で抱え込む事例が多い」というのだ。特に、人口規模が小さい町村部や、市部でも近所が顔見知りだったりする地域性だと、すぐに話が広まり個人が特定されてしまうため、苦しい気持ちを飲み込んで口をつぐんでしまう人が多いという。

 「誰にも知られたくないと怯えるように相談に訪れる人も多い。家族や親しい人にも話せない、むしろ親しいからこそ話せないというケースもままある。そうした人たちの1人でも多くの人に、支援が行き渡るようにしなければならない」。県内各市町村での研修会やパネル展の企画などでも周知を図っているが、被害者支援の事業や取り組みの内容が広く社会的に知られるには至っていないのが現状だ。

糸満市で開かれたパネル展(ゆいセンター提供)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ