ドッジボールに込める指導者の“願い” 小学生強豪「松島魂図」

 

ハンドからドッジへ

 魂図の子どもたちは中学進学後、ハンドボールやバスケ、バドミントンなどでこれまでの経験を生かしている。63歳の新垣監督も元々はハンドボール選手だ。今や全国に名を轟かす神森中学校(浦添市)の第1期メンバー。沖縄工業高、国士館大と進学。インターハイや国体で活躍し、保育園での幼児体育指導の道に進んだ。この縁が松島学童クラブの開設にもつながる。放課後の居場所づくりの一環でレクリエーションとして始めたドッジボール。投げる、走る、チームプレー。スポーツの基礎が揃い、ハンドボールとも似ていると感じた監督。指導に熱が帯びるのに時間はかからなかった。

 「一番は元気で子どもたちが楽しそうにやっているのを見るだけで指導のしがいがあるかなと。どんどん欲が出てきます。子どもたちがプレーや仲間のことを考えながらやっていく。それが中学に行って高校に行って大学に行って社会人になってという時に、ポンとそれが態度で出てくれたら、もう大成功です」

 最後にチーム名へ込めた思いを聞いた。

 「子どもたちから募集したんですけど、最初は”松島チェケラッチョ”という名前だったんです。そういうタイトルの映画が流行っていて。でもちょっと弱そうだなということで変えようともう一度募集したら、今度は琉神マブヤーから取った”松島マブヤー”で。もっとかっこ良くできないかとなった時に、マブヤーって”魂”ですよね。それで松島魂図になりました」

 監督はこの時も、子どもたちと同じような笑顔を見せた。

松島魂図のメンバー
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

吉田鉄太郎

投稿者記事一覧

読谷村出身。県外放送局勤務後、帰郷しFM沖縄・FMよみたん情報番組パーソナリティー、RBCスポーツキャスターなどを経て、現在はQAB報道部にてスポーツを中心に記者業務に携わる。ヴォーカリストの妻とバトントワリングに励む娘と元気に楽しい3人暮らし。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告国場組大寛組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ