「球春」到来!プロ野球の沖縄春季キャンプが始動 選手、球団の注目は…

 

”二刀流”上原、俊足の神里、WBC戦士の大城らも注目!

昨年末、沖縄の野球少年たちに指導した上原健太選手=2022年12月29日、北谷町

 昨年から投打の”二刀流”に挑戦している日本ハムの上原健太(広陵高校ー明治大学)はプロ7年目となった昨シーズン、先発を含めて自身過去最多の25試合に登板、3勝を挙げた。打席では5打数1安打とまだまだ存在感を発揮できていないが、身長191cm、体重90kgという恵まれた体格を生かし、大リーグで活躍する元日本ハムの大谷翔平のように投打を高いレベルで遂行できるプレーヤーに成長したい。

 横浜の神里和毅外野手(糸満高校ー中央大学ー日本生命)も今季飛躍を誓うプレーヤーだ。自慢の俊足を生かして2年連続15盗塁を記録した1~2シーズン目から後は安定した活躍ができていないため、1月の自主トレ期間にはマスターズ陸上で金メダルを獲得したことのある短距離選手の譜久里武さんに弟子入りした。

譜久里武さん(右)から走り方を教わる神里和毅選手=1月19日、豊見城市

 1月19日にあった最後の合同練習では「盗塁を増やして足でチームを引っ張っていきたいです。セ・リーグで優勝し、日本一になることがチームの一番の目標です」と力強く語っていた。29歳で迎えるプロ6年目。”勝負の年”と位置付け、レギュラー定着を狙う。

 3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表「侍ジャパン」に内定した読売ジャイアンツの大城卓三捕手(東海大相模高校ー東海大学ーNTT西日本)も注目。5年間のプロ生活で着実に成績を伸ばし続け、昨シーズンは本塁打と打点で13本、43打点といずれも自身最高を記録した。「打てる捕手」としてだけでなく、盗塁阻止率もリーグトップクラスだ。

 今月17日から実施される侍ジャパンの強化合宿と巨人の那覇キャンプは日程が若干重複するため、大城が来県する事はないかもしれないが、日の丸を背負って戦うWBC戦士に沖縄から熱いエールを送りたい。

4球団は2軍も実施 ロッテ1軍は石垣と糸満で!

 各球団のキャンプ地や期間について、以下に掲載する。球場周辺の観光地なども含めた詳細なキャンプ情報は、沖縄県文化観光スポーツ部スポーツ振興課の公式情報サイト「2023沖縄プロ野球キャンプ」で確認できる。

※見方

【球団名】

①キャンプ地

②開催期間

【東京ヤクルトスワローズ 1軍】

①ANA BALL PARK浦添

②2月1日~2月27日

【阪神タイガース 1軍】

①宜野座村野球場

②2月1日~2月27日

【阪神タイガース 2軍】

①うるま市具志川野球場

②2月1日~2月27日

【広島東洋カープ】

①コザしんきんスタジアム

②2月17日~2月28日

【中日ドラゴンズ】

①Agreスタジアム北谷

②2月1日~2月27日

【中日ドラゴンズ 2軍】

①オキハム読谷平和の森球場

②2月1日~2月24日

【横浜DeNAベイスターズ】

①アトムホームスタジアム宜野湾

②2月1日~2月26日

【千葉ロッテマリーンズ】

①石垣市中央運動公園野球場

②2月1日~2月26日

①糸満市西崎総合運動公園

②2月14日~2月23日

【東北楽天ゴールデンイーグルス】

①金武町ベースボールスタジアム

②2月1日~2月19日

【東北楽天ゴールデンイーグルス 2軍】

①久米島野球場

②2月1日~2月19日

【北海道日本ハムファイターズ】

①タピックスタジアム名護

②2月1日~2月27日

【北海道日本ハムファイターズ 2軍】

①かいぎんスタジアム国頭

②2月1日~2月25日

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2


長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ