キングス、シーズン再開初戦を白星スタート 牧隼利が約9カ月ぶり復帰

 
約9カ月ぶりにコートに戻ってきた牧隼利=11月19日、沖縄アリーナ(長嶺真輝撮影)

 プロバスケットボールBリーグの1カ月近くに及んだバイウィーク(試合がない期間)が明けた19日、西地区の琉球ゴールデンキングスが再開初戦を勝利で飾った。

 同日午後、沖縄アリーナに西地区最下位の滋賀レイクスを迎え、相変わらずの堅守ぶりを発揮して72-51で快勝。通算成績は8勝2敗となり、順位を西地区2位に上げた。昨シーズンに右足首を負傷し、手術後のリハビリに専念していたシューティングガードの牧隼利が約9カ月ぶりに復帰した。会場には6,901人の観客が詰め掛けた。

クーリー&ダンカンがインサイド支配

オフェンスリバウンドを奪うジョシュ・ダンカン

 先発のジャック・クーリー、ジョシュ・ダンカン、今村佳太、岸本隆一、小野寺祥太が激しいプレッシャーを仕掛け、序盤からキングスペース。特にクーリーがゴール下で存在感を発揮し、前半だけで13得点、6リバウンドを記録した。チームは前半の失点をわずか25点に抑え、14点のリードを奪った。

 第3クオーター(Q)も今度はダンカンがインサイドで体を張り、このクオーターだけで11得点の活躍を見せ、さらに10点リードを広げた。最終クオーターは大きく点差が離れた影響もあってか、集中力が落ちて9本のスリーポイントを全て落とし、若干得点は伸び悩んだが、危なげなく勝ち切った。

 最終的なスタッツではリバウンドの本数で56対43と大きく上回り、勝敗を分けるポイントとなった。

牧「いかに起点になるかが鍵」

ドライブを仕掛ける牧隼利

 この試合のハイライトは第1Qの中盤。今村佳太と交代し、背番号88の牧がコートに入ると、会場に盛大な拍手が湧いた。まだコンディションや試合勘が戻っておらず、「いい意味でそんなに自分に期待していなかった」というが、多くのキングスブースターに温かく迎えられて「やっと帰ってこられたという気持ちでした」と穏やかに笑った。

 昨シーズン、初めてファイナルの舞台まで駒を進めたキングス。東京体育館での宇都宮との連戦は「すごく複雑な気持ちで、素直に応援できない自分がいたのも事実です」と率直な心境を振り返る。その上で「その気持ちをしっかり受け止めた上で今の自分がある。今季は再びあの舞台に立つことがチームの目標でもあり、自分の目標でもあります」と力を込めた。

 今季のチームについては「比較的ボールが流れるようなバスケになっている」と分析。松脇圭志が加入したことでチーム内の競争も激しさを増していることから、「今季はよりできることを増やさないと、出場のチャンスがないという危機感もある。点を取るだけでなく、いかに起点になるかが鍵になると思っています」とレベルアップを誓った。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ