沖縄電力コーチ・大城直也さん(上)沖縄野球人伝説②

 

 沖縄の30〜40代男性に「沖縄で印象に残っている野球人は誰ですか?」と質問すると、必ずと言っていいほど挙がる名前がある。大城直也。華やかな松坂世代が誕生した1998年、沖縄最強のチームと言われながら、甲子園では1勝もできなかった沖縄水産高校野球部のキャプテンだ。

 大城は現在、40歳。沖縄電力硬式野球部のコーチを務め、毎日選手と共に大きな声を出して練習を行っている。社会人野球の象徴、都市対抗野球の九州大会に向けて練習に励むグラウンドで、11日、話を伺った。

名将栽監督との出会い

 4人兄弟の末っ子として具志川で生まれ、10歳上のお兄さんの影響で小学校2年生から野球を始めた。プロ野球選手を夢見て、少年野球チームの練習後に、家でも毎日兄とTバッティング、とにかくバットを振りまくった。ポジションは外野から始まり、内野も守って、4年生で初めて投手に抜擢、ぐんぐんと実力を発揮した。兄から知恵や技術、戦法を学び、打者一巡抑えれば打たれる気がしないと、中学時代はノーヒットノーランもやってのけた。

 兄に追いつけ追い越せとやってきて負けず嫌いの強気と実力を聞きつけて、中2の時には既に全国からスカウトがやってきた。「君が来たら・・」「是非うちに」「君が必要だ」という甘い言葉に中学生は有頂天。それでも「仲間と一緒に野球をやる。兄と同じ前原高校に行って沖縄で優勝する」と決めていた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵国場組琉球海運_広告大寛組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ