人材育成が急がれるIT業界 500時間の壁をどう越えるのか

 

 IT業界の人材不足が深刻な問題となっている。2019年4月に経済産業省が発表した「IT人材需給に関する調査」によると、2030年にはIT人材が全国で45万人不足すると予測されている。業界の需要次第では、もっと不足することも考えられ、先の経産省の調査では、79万人も不足するシナリオも想定されている。

 そのため、2020年度から文部科学省が学校教育においてプログラミング教育の必修化を導入するなど、IT人材の育成は国を挙げての大きな課題となっているのだ。

 そうしたなかで、独自の育成プログラムに基づいたカリキュラムを導入するプログラミング教室が宜野湾市にある。

教室で学ぶことと実務経験の間のギャップ

 株式会社プロトソリューションが運営するITコミュニティスペース「CODE BASE OKINAWA」で行われるプログラミング教室は、卒業生が就職までの間に実務経験を積むことができる新しいカリキュラムを導入している。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ