人材育成が急がれるIT業界 500時間の壁をどう越えるのか

 

 IT業界の人材不足が深刻な問題となっている。2019年4月に経済産業省が発表した「IT人材需給に関する調査」によると、2030年にはIT人材が全国で45万人不足すると予測されている。業界の需要次第では、もっと不足することも考えられ、先の経産省の調査では、79万人も不足するシナリオも想定されている。

 そのため、2020年度から文部科学省が学校教育においてプログラミング教育の必修化を導入するなど、IT人材の育成は国を挙げての大きな課題となっているのだ。

 そうしたなかで、独自の育成プログラムに基づいたカリキュラムを導入するプログラミング教室が宜野湾市にある。

教室で学ぶことと実務経験の間のギャップ

 株式会社プロトソリューションが運営するITコミュニティスペース「CODE BASE OKINAWA」で行われるプログラミング教室は、卒業生が就職までの間に実務経験を積むことができる新しいカリキュラムを導入している。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  2.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  4.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…
  5.  華やかな松坂世代が誕生した1998年、沖縄最強のチームと言われながら、甲子園で1勝もでき…

特集記事

  1.  2021年3月に落成予定を控える最大1万人が収容可能な沖縄市の「沖縄アリーナ」。沖縄市の…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ