人材育成が急がれるIT業界 500時間の壁をどう越えるのか

 

プログラミングを通して働きがいと経済的発展を同時に叶えたい

 中司氏「コミュニティの中で楽しくプログラミングを学習できる環境なので、本人の意識の中でも仕事として捉えるタイミングが難しいことも課題のひとつです。そこに対しては、ここを通して責任感や仕事としての認識が育まれていくことでクリアするようにしています」

 どんな業種業態であっても、好きなことや関心のあることを仕事にしてみるとギャップが生まれることは多い。コミュニティの中で学び、それをもって社会に出て働くまでのマインドセットをサポートする仕組みは、受講生や卒業生にとって安心材料になることは間違いない。

 中司氏「卒業生の中には、転職を希望してプログラミング教室に参加して、実際にプログラマーとして働けるようになった人もいます。今、働きがいを感じられている彼らを見ると、プログラミング教室を立ち上げて良かったと思えます。」

 プログラミングを通して、自らのスキルで人や社会の役に立つ喜びを感じてもらうこともひとつの目的だ。

 中司氏「沖縄の実情として、未経験からプログラマーを育てる体力のある企業は残念ながら多くないため、中途採用からプログラマーになるのは難しいという課題があります。そんな沖縄だからこそ、CODE BASE WORKSが実務や経験の場となり、中途採用でもちゃんとプログラマーとして採用されて活躍できる事例が生まれ、その人が経済的にもステップアップできるようなキャリアに立て直せると、さらに嬉しいことだと思いますね。」

 キャリアプランの再設計と仕事へのやりがいを両立する。それは2015年の国連サミットで採択された、持続可能な開発目標(SDGs)の目標8にある「包括的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用を促進する」につながる考え方だといえるのではないか。

 ”個人のキャリアアップ”というミクロな視点からの貢献だが、その実績が積み重なることで、沖縄経済の未来に良い影響を与えてくれるであろう感じた。

————
CODE BASE OKINAWAではプログラミング教室の受講生を募集しています。

詳細はこちらから
https://www.protosolution.co.jp/codebase/program-school/index.html

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

城間 勇之介

投稿者記事一覧

株式会社SHASEKI 代表。沖縄生まれ、沖縄育ち。
沖縄県内企業や大型野外フェスのSNS運用・マーケティング、コンテンツ制作、プロモーション設計のサポートを中心に行っています。

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組大寛組琉球海運_広告前田鶏卵

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ