菅政権は沖縄とどう向き合うのか カギは河野太郎沖縄担当相か

 
首相官邸公式Facebookページより


 自民党の菅義偉総裁が16日、衆参両院で首相に指名され、菅内閣が発足した。菅氏は7年8力月にわたる官房長官時代、沖縄の基地問題や振興政策、自民系候補の選挙支援に至るまでを一手に引き受けてきた。その菅氏の政権トップ就任で沖縄との向き合い方に大きな変化が生じることはなさそうだが、これまで同様に自身が前面に出ながら、陰に陽に存在感を示していくのかどうかが注目される。

沖縄入りは20回以上


 「在任期間が長かったこともあるが、菅さんほど沖縄に足を運んだ官房長官はいない」

 政府関係者がそう語るように、菅氏は2012年12月に発足した第2次安倍政権以降、毎年のように沖縄入りした。13年4月の初訪問を皮切りに、20年3月までにその数は少なくとも20回に上る。かたや、安倍晋三前首相の在任中の沖縄訪問は、毎年6月の「慰霊の日」の沖縄戦全戦没者追悼式への参列を除けば、13年2月の就任直後と同年7月の参院選応援の2度だけ。実質的に沖縄案件は、首相よりも〝菅マター〟だった。


 官房長官と沖縄基地負担軽減担当相を兼務した菅氏が沖縄を訪れる目的はさまざまあった。米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐる翁長雄志前知事らとの協議や基地を抱える地元との意見交換のほか、政権が誘致支援に乗り出したものの計画が立ち消えになったユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の進出予定地を視察したこともある。18年は、急逝した翁長前知事の通夜や県知事選などの選挙応援で6回沖縄入りした。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  2.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  4.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…
  5.  華やかな松坂世代が誕生した1998年、沖縄最強のチームと言われながら、甲子園で1勝もでき…

特集記事

  1.  2021年3月に落成予定を控える最大1万人が収容可能な沖縄市の「沖縄アリーナ」。沖縄市の…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ