平和的解決求める 中国軍事演習で沖縄県議会

 
中国の弾道ミサイル発射に対する抗議決議を全会一致で可決した沖縄県議会臨時会=9日、那覇市

 沖縄県議会(赤嶺昇議長)は9日の臨時会で、米国のペロシ下院議長が台湾を訪問後に中国が軍事演習で弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)には5発が落下したことなどについて「沖縄近海で軍事演習は一切実施しないよう強く要求するとともに、平和的な話し合い、外交交渉で解決するよう強く要求する」との抗議決議を全会一致で可決した。

 ペロシ下院議長は、アジア歴訪の過程で、中国政府から強い警告を受けながらも、2日夜から3日にかけて台湾を訪れて蔡英文総統らと会談した。「訪問は、活力ある台湾の民主主義を支持する米国の揺るぎない関与を示すもの」との声明も発表した。

 これに対し、中国政府は強く反発。4日から、台湾を取り囲むように広い領域で大規模な軍事演習を行っている。

 県議会の抗議決議では、「日本のEEZ内に中国の人民解放軍の弾道ミサイルが落下したのは初めて。日本領土に最も近かったのは、EEZ外ではあるが与那国島の北北西約80キロだった」とした。

 また、「軍事演習海域から波照間島までは、わずか60キロしか離れていないとみられ、県民をはじめ国民に大きな衝撃を与えると同時に、漁業従事者が漁の自粛を余儀なくされ、経済活動にも大きな影響を及ぼしている」とした上で、平和的解決を訴えた。

 同決議の宛先は、中華人民共和国国家主席及び中華人民共和国駐日本国特命全権大使。同日、県議会は▽沖縄近海で軍事演習を行わないよう中国に要請すること▽中国と米国に対し、軍事衝突を避け冷静な平和的交渉で問題の解決を図るよう要請することーを日本政府内閣総理大臣などに求める意見書も全会一致で可決した。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ