現職の伊波氏が総決起大会 経済の再生、辺野古移設阻止を強調 参院選

 
ガンバロー三唱で拳を突き上げる伊波洋一氏(中央)や玉城デニー沖縄県知事(右)ら=18日、那覇市おもろまちの上下水道局前

 6月22日公示、7月10日投開票の参議院議員選挙に向け、沖縄選挙区に立候補を予定する無所属現職の伊波洋一氏(70)の総決起大会が6月18日、那覇市おもろまちの上下水道局前で開かれた。コロナ禍で疲弊した観光業の復活や子どもの貧困問題の解決、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対などを訴えた。

 交差点の四つ角にはイメージカラーの黄色いハチマキを巻き、「沖縄の声を国会へ」と書いたのぼりを手にした支持者が詰め掛けた。演説する街宣カーの前には伊波氏を支援する「オール沖縄」勢力の国会議員や県議会議員が並んだ。

観光客の回復、大学の学科充実を訴え

参院選に向けて決意を述べる伊波洋一氏

 決意表明をした伊波氏は「まず第一に県民の暮らし、県経済を回復する」と述べた上で、コロナ禍で打撃を受けた観光業について「しっかり感染対策をしながら、観光客を招き入れようではありませんか。外国客の受け入れ再開も実現するため、外交防衛委員会で担当大臣と協議していきます」と語った。

 子どもの貧困対策では親の就業支援のほか、県内大学の学科を充実させる政策も紹介。「名桜大学には薬学部を設置し、琉球大学などその他の大学にも新たな可能性のある学科を創出していく。沖縄の子どもの未来への希望をつくっていきたい」とアピールした。

 辺野古移設については、埋め立て地の大浦湾にある軟弱地盤の問題に触れ、「本来そんなところに埋め立てをすべきではない。これは明らかです」と強調。その上で「7月の参院選で当選させていただき、(9月の県知事選で)玉城デニー知事を2期目に当選させる。それが日米政府に辺野古を諦めさせる一番の近道だと思っています」と力を込めた。

玉城知事が激励 自身の知事選を前に

伊波氏への支持を訴える玉城デニー知事

 任期満了に伴う県知事選(8月25日告示、9月11日投開票)に出馬する玉城知事も激励でマイクを握った。「小さな声にしっかりと耳を傾けて、子どもたちの将来に何の不安もないように、誰1人取り残さない沖縄らしい社会をつくっていかなくてはなりません」と主張。観光業の再生にも触れた上で「県の経済をしっかりと立て直し、私達の暮らしを支えていくために、国政で県民の声となって、しっかりと働いていただける伊波洋一さんが必要です」と支持を訴えた。

支持者とグータッチする伊波氏

 大会にはその他、立憲民主党選挙対策副委員長の塩村あやか参院議員や、翁長雄志前知事の息子である新しい風・にぬふぁぶし幹事長の翁長雄治県議らが挨拶した。最後はガンバロー三唱で締めくくり、伊波氏が支持者とグータッチして結束を固めた。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2022年のノーベル生理学・医学賞を沖縄科学技術大学院大…
  2.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  3.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  4.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  5.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ