【復帰50年】沖縄最北端で感じる「復帰闘争」

 
復帰への願いを込めて行われた海上集会(沖縄県公文書館所蔵)

 それでも両島の人々は互いに沖縄の本土復帰を願い、運動を継続した。沖縄・奄美が日本から切り離されることになる「サンフランシスコ講和条約」が発効された4月28日には、国境に一番近い辺戸岬までデモ行進を行い、辺戸・与論双方の岬でかがり火を燃やして勇気付け合った。双方で船を出し、当時の国境付近(北緯27度線)で海上集会を行った。

 この歴史こそ、辺戸岬に祖国復帰闘争碑が建つ所以なのだ。そして1972年5月15日、ついに沖縄も27年間の悲願であった本土復帰を果たすことになる。

二島の友好を示す二羽の鳥

 辺戸岬散策をすると、祖国復帰闘争碑とは別にもう一つ不思議なオブジェを目にする。鳥のような魚のような得体の知れない生き物の像だ。

 これは「パナウル像」と呼ばれ、与論島では広く知られている「パナウル王国」の国章に描かれる架空生物「カリユシ」である。海に囲まれた島であることにちなみ、上半身が鳥、下半身が魚という幸せを運ぶ生き物だそうだ。

パナウル像。この不思議な像には深い意味があった

 パナウル王国とは、1983年に与論町政施行20周年を記念して町内に建国された“パロディ国家”であり、パスポートも発行されている。「パナ」は花を、「ウル」はサンゴ礁を意味する。

 ともに日本復帰を願い戦ってきた国頭と与論を結ぶ絆の証として、幸せを運ぶパナウル像が与論から寄贈され辺戸岬に鎮座しているのだ。対する与論島には、国頭のアイコンであるヤンバルクイナ像が寄贈され与論の地から国頭を向いて建っている。

 沖縄が日本復帰して半世紀を迎える今年、今一度戦後沖縄の歴史を振り返り、史跡を訪ね歩き、これからの沖縄を皆で考えていこうではないか。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ