大謝名の宇地泊川に隠された知られざるミステリー

 
なぜこんなところに祠がポツンと?

 今回は宜野湾市大謝名から、宇地泊川に関するミステリーをお伝えしよう。

旧大謝名駅付近に謎のスポット

 戦前まで沖縄には軽便鉄道が走っており、大謝名にも駅があった。当時の様子が分かるような跡は現在残っていないが、施設があった場所ははっきりしており、大謝名小学校のすぐ裏手である。大謝名駅の隣駅は、北向けに真志喜駅、南向けには牧港駅だった。大謝名駅と牧港駅の間には、宇地泊川と牧港川が流れており、鉄道は川の上に橋を渡し走っていたわけだ。

 現在その道は生活道路となり、マチナトボウルやコープ牧港店、サンエー牧港店の前の通りとなっている。マチナトボウルすぐ側の宇地泊川を見下ろせる駐車場内には、メインゲートとは別に何やら妙なもう一つの入り口が存在している。さらに駐車場内には、こんなところに?という一角に祠がポツンと祀られているのだ。

これらは一体何を意味しているのだろうか。

川の河口位置が違っている!

 不思議に思い色々リサーチをしていると、一昔前の航空写真にふと目が止まった。なんと川の河口位置が現在とは違っているではないか。現在の宇地泊川の河口は、人工的に大きく付け替えられていたのだ。
 元の川の流れはというと、マチナトボウルあたりまでは変わらないのだが、駐車場入り口あたりでグッと内側に折れ込み、そこから現サンエー牧港店の駐車場部分を流れ、さらにA&W 牧港店をぐるっと巻き込みながら、最終的にもう一本の牧港川へと合流し海に流れていたのだ。

元の川の流れはマチナトボウルでグイッと入り、エンダー巻き込むように川が流れている(1970年代の国土地理院の航空写真より)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ