大謝名の宇地泊川に隠された知られざるミステリー

 
現在は直接海へ流れ出るように付け替えられている

軍道1号線の設置

 第二次大戦後、沖縄では米軍によって南北を繋ぐ軍道1号線(現在の58号線)が敷かれ、牧港川にもコンクリートの橋が掛かり、それに伴う大掛かりな埋め立ても行われ河口が大幅に縮まったのだ。その影響は大きく、大雨が降ると比較的流れの小さい宇地泊川は、主流である牧港川の流れに遮られ合流することができず、度々氾濫を起こしてしまっていた。

 その解決策として、大胆にも宇地泊川の流れを人工的に大きく付け替え、牧港川へ合流することなく直接海に流れ出るようにしたというわけだ。

“妙な入り口”の正体とは

 ここで謎が解けた!

 先述したマチナトボウルの妙な入り口は、元の水流を埋めた跡だったのだ!A&W牧港店の入り口付近にも、明らかに以前はそこが川であったと分かる砂利の埋め立て道が今でも残り、さらにその砂利道を奥へ向かって歩いてみると、昔ながらの古い階段跡、川らしいカーブ跡も見る事ができる。

 加えて、川の河口部分だったと思われる場所には、当時の欄干もそのまま残っている。

川の上を渡っていただろうパイプもむき出しだ

 そしてもう一つ、冒頭で妙な場所に祠がポツンと存在すると言及していたことを思い出してほしい。憶測だが、川の流れに手を加えるということは、一方でそれまでの川の流れを潰すということになる。水は、遥か昔から人々にとって清き尊く、生きていくために最も重要なもの。その水を届けてくれる川の流れを、人工的に埋めてしまうのは、ある意味神への冒涜にもなりかねない。そこで、元の流れを切り離す分岐点であったその場所に、神を祀ったのではないかと思うのだ。

 我々は常々、人間にとって都合のいいように、便宜が良いようにと開発を続けてきているが、その都度自然界へ感謝する気持ちを忘れないようにしたい。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. センバツ出場を決め、報道陣を前にガッツポーズを見せる沖縄尚学のメンバー=1月27日、那覇市国場の沖…
  2.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  3. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  4.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  5.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ