琉球大学はアイスホッケー強豪校!南国沖縄で熱を帯びる冬競技

 

全国3位の女子 男子との練習で磨く強さ

 女子はもうすでに全国の強豪ともいえる領域にたどり着いている。しかしながら現在の部員は8人のみというからさらに驚きだ。2019年には全国ベスト4、2021年には全国3位に躍り出た。

 女子も男子と同様「守りのチーム」として戦術を固めている。キャプテンで農学部3年の阿部菜々美さん(21)は「守備については全国でも上のレベルにあると思います」と自分たちの持ち味を自負している。
 練習は基本的には琉球大男子チームと行っているため、常に格上相手の勝負にも慣れている。相手の胸を借りて弱点を突いてもらうことで「反省点を毎回見つけることができます」と、日々強さを磨く原動力としている。普段女子と試合する機会が少ないことから、阿部さんは「大会で初めて女子と戦うんですよ」と笑う。

女子キャプテンの阿部菜々美さん

 そんな女子チームが“勝つべき相手”として目標に掲げているのが、インカレで不動の1位の座にいる日本体育大学だ。全国から経験者が集まり、技術面でのスキルが高い。決勝まで行かなければ公式戦で戦う機会がなかなかない。しかし阿部さんは「日体大女子と琉球大男子が同じぐらいのレベルです」と、琉球大男子を“仮想日体大女子”として見立てることで、目標とする相手を身近なところに引き寄せて闘志を燃やしている。 

「沖縄でアイスホッケーかっこいい」

 金城さんも阿部さんも、大学生になって初めて競技を始めた。「沖縄でアイスホッケーをすること自体がかっこいいなぁと思って。アグレッシブなプレーに一目ぼれしました」(金城さん)、「ほぼスケートをやったことがなかったんですけど、新入生歓迎で参加したアイスホッケーが楽しくて」(阿部さん)とそれぞれ話す。2人とも競技自体の魅力や楽しさに引き込まれたという。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ