オミクロン感染急拡大を懸念 沖縄県

 
会見で発言する玉城デニー知事=2日、沖縄県庁

 沖縄県で新型コロナウイルスの感染が再拡大しつつあることを受け、玉城デニー知事は2日、県庁で会見して感染拡大防止の徹底を改めて呼び掛けるとともに、感染者の確認が相次ぐ在沖米軍について強い不満を示した。

 県は1日、これまで沖縄本島北部5町村に限定されていた「コロナ感染拡大注意報」を県全域に広げている。会見で、玉城知事は「オミクロン株の影響で、いまだかつてないスピードで拡大する可能性もある。このまま拡大した場合には、警戒レベルを引き上げ、人の移動や経済活動の制限など強い措置を検討せざるを得なくなる」と強調した。

 また、「ここで県民一丸となって感染防止対策を徹底すれば、感染のスピードを抑えることも可能だ。これから正月のあいさつ回りや新年会、初詣などを予定している方は、そのようなことについてしっかりとお考えいただきたい」とも述べ、県民に感染対策の徹底を訴えた。

 感染が広がっている要因としては、基地関係者を中心に確認されていたオミクロン株が市中感染でも確認されており、デルタ株をしのぐ勢いで急速に置き換わりが進んでいることを挙げた。

知事「米軍の対応遅い」

 一方、玉城知事は昨年12月31日に98人、1月1日に235人、同2日は70人と大規模な感染確認が続いている在沖米軍について、「非常に(対応の)展開が遅いと言わざるを得ない」と強く批判したほか、基地内の感染状況について情報共有が不十分な原因として日米地位協定による構造的な問題があると指摘した。

 また、県内でのオミクロン株の拡大について、「キャンプ・ハンセン、嘉手納基地、シュワブという、(米軍と)接触した基地従業員の方に感染が広がってしまったことは、基地で感染防止対策が徹底されていない証左だと思う」などと述べ、米軍からの感染が大きな要因になっているとの認識を示した。

 さらに、「現在は感染源不明のオミクロン株が市中に広がっている。市中に広がる間にも、感染防止対策は十分取れたはずだろうし、何回も申し上げたが基地の外でマスクをせず飲食するという報道などがあることについても、厳に慎んでほしいとお願いしてきた」と強調した。

 玉城知事は、在沖米軍に対し「多くの自国の国民の皆さん、兵士の皆さん、軍属の皆さん、それからわれわれ同盟国の国民の生命財産を守るという観点からも、徹底して感染防止対策を行っていただきたいと、改めて申し上げたい」と述べ、対策の徹底を訴えた。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ