勝連城跡だけじゃない! 「旧勝連」エリアの見どころ教えます

 
人力で通したとは到底思えない迫力の「ワイトゥイ」

人力のみで切り拓いた絶景道路

 本島の勝連エリアにも興味深い史跡がいくつもある。

 まずは平安名区にある断崖を切り開いて通した道「ワイトゥイ」だ。沖縄の言葉で「割って取る」を意味し、文字通り割って開かれたような崖の間に伸びる道だ。

 長年この断崖を上り下りするしか集落間を行き来できなかった村人の不便を解消すべく、地元の有志が集い1932年から3年の月日をかけて人力のみで切り通した道である。道の両サイドは高さ20mにも達する岩壁となっており、長さは150mにも及ぶ。

 その絶景には、地元の人々の揺るぎない信念と労力が滲み出ているかのようだ。

地元に寄り添った平敷屋の英雄

 それから琉球史好きであれば、平敷屋と聞いて思い浮かべるのは平敷屋朝敏だろう。首里生まれの士族ながら、勝連間切平敷屋の脇地頭に配されると身分別け隔てなく人々と接し、水不足に悩む農民のためにため池を造るなど常に地元に寄り添った。

 ため池を掘った際にかき出された土で盛られた丘が「平敷屋タキノー」として今でも残り、米海軍ホワイトビーチを一望できる絶景ポイントとなっている。

王朝時代に盛られた歴史ある「平敷屋タキノー」は、米軍施設も見渡せる公園となっている

 平敷屋朝敏は王府の支配体制や貧富の差の問題などに対して批判的な立場を取り、子弟の教育にも力を入れた。

 さらに和文学者の一面も持っており、当時はタブーとされていた「手水の縁」などの恋愛作品も手掛け、身分の差による恋愛禁制に対しても暗に抵抗した。

 その矢先、時の三司官・蔡温をはじめ、王府の体制を批判した文書を薩摩在番奉行所に投書したとの疑いで罪に問われ、1734年に安謝の処刑場で磔(はりつけ)の刑に処された。

 現在平敷屋タキノーには平敷屋朝敏が詠んだ歌の歌碑と、朝敏を敬愛する地元の人によって書かれた碑文が建てられている

 このように、勝連には城跡だけではなく、さらなる深い歴史を垣間見ることができる史跡が数多く残っている。海中道路で島々に渡るだけではなく、勝連半島の先に積み重ねられている琉球の歴史も堪能してもらいたい。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ