琉球史が変わる!? 謎多き「大里」の歴史を追う

 
大里を中心と見たら、方角の付く地名がピッタリと合う

大里から見え出した地名の合致

 少し視野を広げて、大里の周辺も見てみよう。

 王国時代、大里間切に隣接していた間切は佐敷、玉城、東風平、南風原、西原だ(与那原は近世になり大里から分離した)。ここで何か気付くことはないだろうか?

 大里の周りに「東西南」と方角の付く地名が並んでいる。しかも大里を中心として見てみた場合、大里の右側・東方に「東風平」、左側・西方に「西原」、そして下側・南方に「南風原」が位置しているではないか。

 沖縄では北のことを「ニシ」と読むとされることから、首里の北側に位置するので「西原」、南に位置するから「南風原」だと言われる。しかしその説だと東風平はどう説明するのか、と以前から腑に落ちなかった。

 もしも大里を中心とした地名付けであったとすれば、3方とも合点がいく。そして一つだけ方角の文字が欠けている「北」向けに目線を伸ばしてみると、そこには琉球国最高聖地「斎場御嶽」があり、そのさらなる先の神の島「久高島」に行き着くのだ。

 また、第一尚氏最後の国王「尚徳王」と恋仲になり、第一尚氏の滅亡と共に悲劇の最後を迎えた久高島の祝女(ノロ)クニチャサは、「大里家」なのである。果たしてこれは単なる偶然なのだろうか。もしかすると大里はとてつもなく深い歴史を秘めたエリアなのかもしれない。

 今回紹介したエピソードは憶測の部分も多いが、壮大な琉球ロマンのストーリーとして受け取ってもらい、琉球の歴史に興味を持つきっかけになれば何よりである。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ