女優・柴田千紘の沖縄めぐり 「久米島4泊5日」編 ①

 

 1日目からいろんな地元の人達と話せてベロベロになって帰ったけど、翌日5時半頃、まだ酔っ払ってるかもしれない時間にドアを叩く音で起こされて、宿から歩いてすぐの「イーフービーチ」に日の出を見に行きました。

波の跡になってるグレーの道みたいなのは漂着していた軽石

 早い時間は雲の合間から真っ赤な空が見えてきて、まさに朝焼け。空が燃えていました。
 午後には雨が降ると言われて午前中に「畳石」へ。友人のカメラで撮影してみたので出来上がったら個展でもやりたいですが、とりあえずその畳石はこんな感じ。

 なんでこんなふうになるんだろうって思いますよね。自然って不思議。

 亀の甲羅のような石、と言われることもあるようですがそういえばこのへんの人達はウミガメを食べるらしい。頭と甲羅以外残すとこなく全部食べれると聞きました。赤みの部分は牛肉とマグロの間みたいだそう。干潮のときの畳石の海遊びも本当に水が透明で砂は白くてきれいでした!

 その後、「パーラースリーピース」で久米島そばを食べて美味しすぎると踊ったけど、本当はピリ辛味噌そばが人気らしいので普通の沖縄そばに飽きた方は試してみては。珍しいですよね味噌味の沖縄そばって!

 そして夜は友人が車海老も買ってきてくれていました。また国吉さんたちとビールを飲んでゆんたくしながらいただきました。生産量日本一でもある久米島のブランド車海老、もちろん食べれるお店もあるけれどスーパーで買ってくれば安いから何人かで旅行に行く人は車海老たっぷりのBBQをするのも楽しいだろうな~!

 その後は前の日に予約を入れてもらっていた「ようじ」にも行って軽くつまみ飲み。食べ続けてますね。
 ここも人気店で滞在中はずっと早めに予約しないと入れない状態でした。イキのいい兄ちゃんがイキのいいタコ刺しとか出している。タコポンや高菜チャーハンや煮卵頼んでいただきました。煮卵もラーメン屋みたいなこってり系じゃなくて温泉卵みたいな優しいだしの味で美味しかったなー!
 他もどれも美味しいらしいからまた空腹で行きたいところ。

 そしてこの日もごはんの後は友人と解散して、そこからは私1人でお酒の時間。

 「JB」というカウンターに1人おねえさんが立っているカラオケバーと、「スナックひなちゃん」に移動して飲んで歌った。ひなちゃんの方は前日のスナックよりは年齢層高く島のおじさん達が多いようで席にお姉さんがお酒を作りに来てくれる“ザ・スナック”という感じ。

 コロナで長いこと休みのお店が多かった分、再開したばかりの今はどこも沢山人が出ていて活気がありました。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

柴田 千紘

投稿者記事一覧

千葉県出身、旅人/作家/女優。長年所属していたオスカープロモーションを昨年退社して絶賛フリーランス中。

出演映画に、大根仁監督「恋の渦」ヤンイクチュン監督「しば田とながお」内田英治監督「身体を売ったらサヨウナラ」園子温監督「リアル鬼ごっこ」など。
著書には「ショートショートの宝箱」IとII。どちらも著作短編小説収録(光文社)。さらに、旅中に現地で撮ってもらった写真と経験を綴った旅本「HIT AND RUN」を自費出版して手売り中。
世界旅とダイビングと乗馬が趣味。最近は千葉の館山と沖縄にいることが多い海と夏女。赤提灯系大衆酒場をこよなく愛する。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告国場組前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ