女優・柴田千紘の沖縄めぐり 「久米島4泊5日」編 ①

 

 そんな国吉さんと近所の焼き鳥屋のおじちゃんと缶ビール乾杯から久米島の夜が始まりました。そこからが長かった!
 そのおじちゃんに教えてもらった「南美花(NANBIKA)」でまず食事。沖縄料理の中で通風持ちの友人も食べれそうなゴーヤチャンプルーと私が欲した激辛へちまをチョイス。

 そのあと「オオ ハッピー」にて飲み直し。

 このお店をやっているチエさんは、あの方のお母さん。

 はい、おっぱっぴー\(^o^)/(このボトルの泡盛、美味しかった!)

 チエさんは私の地元の千葉の稲毛にいたこともあったり、その近所で沖縄料理屋をやってた時代があったり、浅草に私が住んでいた時に息子さんが浅草に引っ越してきたときがあったりと、なんだか近所の縁が多くて色々お話しさせてもらったけど、驚いたのはチエさんのタコ獲り名人っぷり! 
 その日も自分で捕まえたという巨大な蛸を見せてくれて、棒で獲る時それはもう引っ張り合いだったという。次の日も大潮だから獲りに行くといい、後日会った時に聞いたら20匹捕まえたらしい!

 近所だったから誘えば良かったねーと言ってくれていたので、次回久米島に行く時はタコ獲りにも是非挑戦したい。ここではタコのキムチや「ひらやーちー」を食べながら島呑みました(水素水で割ってくれる)。
 ところで都内の友達は意外と「ひらやーちー」を知らない人が多かったので画像をつけておきます。ぺらぺらのお好み焼きみたい?

ひらやーちー

 その後、予約でいっぱいだった人気の居酒屋「銀太郎」を覗いてみると、そこで飲んでた島の人達に混ざってちゃっかり泡盛いただいて。馬刺しも魚のフライを食べさせてもらいました。
 その後はさすがに帰ろうとお水を買って帰ってると道端にいたお店の人に声をかけられ「ことぶき」というスナック?カラオケバー?にもヒョイヒョイと。地元の若い子達が多くてカウンターにいた女の子も男の子も可愛く酔っ払ってるし、誰かが泡盛くれるのをお店の人も薦めてくるし、会う人会う人「久米島ではお金払って飲んだらだめよ」とか言ってくる。

 あれ?久米島、天国?

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ