世界のウチナーンチュの日 沖縄訛りでりゅうちぇるさん「ルーツに誇り」

 
りゅうちぇるさん

 テレビではなかなか見ることのない自然体の沖縄訛りで終始語っていたりゅうちぇるさんは、沖縄のアイデンティティが世代を重ねることに薄れてきているのではないかと問われ「特に上京してからは沖縄の言葉から感じられる愛情に気づかれました。沖縄は『オンリーワンだな』というふうに思います。誇りを持つためにはしっかりルーツを知ることが大事だと思います」と答えた。

 アルベルトさんは、沖縄に来てペルーの良さも認識できた経験から「今のウチナーンチュのアイデンティティが薄れているとは思わないです。外に出る機会があれば絶対分かるはず」と語った。

 第1部の最後には、アルベルトさんが、ウクレレと三線を基にした楽器「サンレレ」を手に曲を披露。りゅうちぇるさんは「パワーをチャージできて、また東京で頑張れそうです。より沖縄を誇りに思えた日になりました」と締めくくった。

サンレレを手にDIAMANTESの曲を歌うアルベルト城間さん

記念日提唱者「ちむぐくるを統一したい」

 第2部では「何した?何するウチナーンチュの日」と題してパネルディスカッションを行い、今後の「世界のウチナーンチュの日」の在り方について意見を出し合った。進行役は、沖縄キリスト教学院大学の新垣誠教授が務めた。

 提唱者の1人、比嘉アンドレスさんは制定に向けて動き出した理由として「海外のウチナーンチュとこの島のウチナーンチュのちむぐくる(≒真心)をどうにか統一したいという気持ちでいっぱいでした」と語る。アルゼンチンをはじめ海外諸国には、自らの国や民族そのものを祝う日があるというが、沖縄にはそのような日がなかったことから「考えとしては単純でした。『そういう日がないから作ろう』ということでした」と述べる。

比嘉アンドレスさん
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ