「高病原性」は検出されず 野鳥の鳥インフルエンザウイルス

 
ハシビロガモ(資料写真)

 うるま市内で回収された、死亡した野鳥「ハシビロガモ」から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認された件で、沖縄県は7日、追加で遺伝子検査をしていた環境省から「高病原性」のウイルスは検出されなかった旨の連絡があったことを発表した。

「監視重点区域」は解除

 当該の死亡個体は11月30日に回収され、簡易検査で陰性だったものの、国立環境研究所の遺伝子検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認された。その後に行ったウイルスの血清亜型(H5またはH7亜型)の検出や病原性を判定するリアルタイムPCR法等による遺伝子検査では高病原性ウイルスは検出されなかった。この結果を受け、5日に環境省が指定した「野鳥監視重点区域」は解除された。

 高病原性鳥インフルエンザウイルスを巡っては、今シーズンは南は九州から北は北海道まで全国各地で猛威を振るっており、多くの鶏が殺処分に追い込まれている。県内でも養鶏場で発生が確認されれば、養鶏業に大ダメージを与えることは避けられず、今後も予断を許さない状況が続く。

 県は引き続き環境省などの関係機関と連携して死亡野鳥等の調査を実施し、監視を継続する。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. センバツ出場を決め、報道陣を前にガッツポーズを見せる沖縄尚学のメンバー=1月27日、那覇市国場の沖…
  2.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  3. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  4.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  5.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ