戦後北谷ヒストリー② 県民余暇のスタンダードを生み出した街

 

 もともとは大きな行政区だった北谷村だが、戦後米軍による大規模な土地接収や嘉手納飛行場の機能拡張に伴い現在のような小さい町となった。町内に横たわる米軍基地内にはもともと古い集落がいくつもあり、特にレスターからフォスターにかけての平野部は豊富な農作地帯で、かつては田園風景が見事なものだった。

蛇行した坂道の理由

 土地の接収とともに集落が追いやられ、住む場所を無くした住民たちは北谷の山間を切り開き、悪条件の中で限られた土地に密集して新しい集落を作り上げた。それが謝苅地区だ。

急カーブと坂道が続く謝刈地区


 あれほど高低差のある斜面地で、様々な工夫を凝らし建てられてきた建造物群からは、当時の人々のたくましさを垣間見ることができる。
 58号線の謝苅交差点から沖縄市に上っていくグネグネとした急カーブが続く坂道の理由はここに繋がっていたのだ。その山間の地形を利用した謝苅公園からの眺めは、西海岸を一望できる。謝刈にはかつての集落の賑わいを彷彿させる映画館跡などが今も残っている。

1970年の謝刈。米軍に挟まれる形で密集集落が作り上げられた
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵国場組大寛組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ