戦後北谷ヒストリー② 県民余暇のスタンダードを生み出した街

 

 もともとは大きな行政区だった北谷村だが、戦後米軍による大規模な土地接収や嘉手納飛行場の機能拡張に伴い現在のような小さい町となった。町内に横たわる米軍基地内にはもともと古い集落がいくつもあり、特にレスターからフォスターにかけての平野部は豊富な農作地帯で、かつては田園風景が見事なものだった。

蛇行した坂道の理由

 土地の接収とともに集落が追いやられ、住む場所を無くした住民たちは北谷の山間を切り開き、悪条件の中で限られた土地に密集して新しい集落を作り上げた。それが謝苅地区だ。

急カーブと坂道が続く謝刈地区


 あれほど高低差のある斜面地で、様々な工夫を凝らし建てられてきた建造物群からは、当時の人々のたくましさを垣間見ることができる。
 58号線の謝苅交差点から沖縄市に上っていくグネグネとした急カーブが続く坂道の理由はここに繋がっていたのだ。その山間の地形を利用した謝苅公園からの眺めは、西海岸を一望できる。謝刈にはかつての集落の賑わいを彷彿させる映画館跡などが今も残っている。

1970年の謝刈。米軍に挟まれる形で密集集落が作り上げられた
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ