一番に伝えたい「楽しんだ」~パラ車いすマラソン喜納選手帰沖~

 

 42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パラリンピックの陸上女子マラソン(車いすT52)に出場した喜納翼選手(31・タイヤランド沖縄)。初のパラは1時間42分33秒で7位入賞。車いす陸上を始めて8年目、19年の大分国際車いすマラソンでは日本記録の1時間35分50秒を樹立とキャリアを積み重ね挑んだ東京での大舞台。競技後のインタビューでは悔しさをにじませたものの、帰沖直後の空港取材では笑顔で応援への感謝を語った。

今できる全ては出せた

 厳しい登り坂が待ち構え、さらに雨中でのスタート。5日午前6時40分にスタートした女子の車いすマラソンは、選手たちにとってタフなコンディションとなった。序盤からスキャローニ選手(米)が独走し、それを2位グループが追う展開となった中、後れをとった喜納選手だったが、久しぶりの国際レースに「火がついた」と、15kmまでには2位グループに追いついた。そのあと30km手前までは集団に食らいつくも、海外トップ選手達の後半も落ちないスピードや坂道を登り切る力の前に、7位という結果になった。自身が苦手と語っていた登坂対策も筋力アップに励み挑んだだけに、競技後のインタビューでは「力不足だった」と唇を噛んだ。

 翌6日の夕方、喜納選手の姿は那覇空港にあった。地元うるま市や障がい者スポーツの関係者、家族などの出迎えに、その顔はほころんでいた。報道陣の取材には、悔しさの一方で今できる全てはやれたので後悔するところは残っていないと語った。

「すごくいろいろな人に激励して頂いて、パラリンピックってこんなに見てもらえて、応援してもらえるんだなと感じました。実際コースを走っていて、きついところ苦しいところはいっぱいあったんですが、その時々で応援して下さった方の顔が出てきて『ここ踏ん張ろう、ここ粘ろう』という風に思えました」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ