海外への商品発送の大幅簡易化でビジネスチャンスの可能性

 

あらゆる可能性を秘めた「カイタク」

 「カイタク」というネーミングには「海外宅配」と「開拓する」という二つの意味が掛け合わされている。宅配を簡易化するだけでなく、カイタクの国際物流を生かした越境型ECサイトの構築ですでに特許出願しており、まさに新しい分野を「開拓」するとの意気込みを感じさせる。

 今は外国人観光客が少ないため、データの活用までは至っていないが、今後はビックデータ解析による沖縄観光の物販へのフィードバックや商品開発など、あらゆる開拓を担っていきたいと砂川さんは話した。

砂川真一郎さん

カイタクに関する問い合わせはこちら
株式会社hais問い合わせフォーム:https://www.hais.co.jp/inq

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3


関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ