初の五輪競技となった空手 喜友名涼選手の活躍に期待

 
喜友名涼選手(2020年12月全日本空手道選手権大会)

 東京オリンピックが始まりました。コロナ禍の状況で開催が危ぶまれましたが、一年の延期を経ての実現です。1964年以来57年ぶりの日本での開催ですが、初めて空手が競技に加わった記念すべきオリンピックでもあります。1922年に沖縄から上京した船越義珍が本格的に空手の普及を始めて100年後、ついに空手はスポーツ最高峰のオリンピックの競技となったのです。空手の源流である手(ティー)と呼ばれていた時代の佐久川寛賀、松村宗棍、糸洲安恒らの長老達なら令和の時代に行われる競技をどう思うでしょうか。

 オリンピック初競技となる空手は、形競技と組手競技の2競技・全8種目が行われ、日本をはじめ世界37か国から全82選手が出場します。

 まず、形は男子11名と女子10名が出場します。そして、組手は世界各国から、男子67kg級に11名、75kg級に10名、そして75kg超級には10名が出場します。女子は55kg級に10名、61kg級に10名、61kg超級に10名が出場します。このうち、日本からは全種目に合計で8名が出場します。

 オリンピックの空手競技は空手発祥の地・沖縄で開催との案もありましたが、東京の日本武道館で行われます。

 そもそも、空手がオリンピック競技に至るまでは長い年月と紆余曲折の連続でした。空手が本土に伝わり、各流派がまとまり試合大会を開催していくべく全日本空手道連盟が発足したのが1964年のこと。1969年に第1回全日本空手道選手権が行われ、空手の世界組織である世界空手連盟の第1回世界大会が1970年に東京の日本武道館で行われました。

 全都道府県にそれぞれの全日本空手道連盟に加盟する組織が出来ていきますが、実は沖縄県での発足は1981年と早くはありません。それ以前の1967年に既に沖縄伝統空手を守り伝えていくことを目的に全沖縄空手道連盟が発足していたのです。

 沖縄県で全日本空手道連盟の組織団体たる沖縄県空手道連盟が発足したのは、1981年に滋賀県であった国体で空手が正式種目となったためです。本土からの要請で設立されましたが、この時には沖縄空手界の組織が分裂、混乱するという出来事もありました。

 1987年には沖縄で海邦国体が開催されてからは、沖縄でも空手の競技大会が開かれるようになります。その後、沖縄県からも競技スポーツとして多くの空手選手が活躍することになります。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告大寛組前田鶏卵

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ