「リアルな体験取り戻すきっかけに」 沖縄の子どもたちへ届ける演劇開発中

 
左から、当山さん、新垣さん、島袋景子さん

 かつて全国を回り、多い時には年に180公演をこなしていた当山さんは「子どもの頃に演劇を見ることで、興味を持ってその道に進む人も出てきます。もちろんみんながみんな役者や演劇関係者になる必要はないですけれど、多様な表現に触れて選択肢が1つでも増えることは豊かなことだと思います」と話す。

 演劇ユニット多々らを主宰する新垣七奈さんは、高校生たちと一緒に演劇を作り、放課後デイサービスに通う学生たちを公演に招待している。その中で、一生懸命表現を受け取る子どもたち「素直な反応」を感じるという。「もっと子どもたちが見ることを意識した、寄り添った劇を作れたらいいなということは以前から思っていたので、とても楽しみです。大変ですけど(笑)」

演劇体験で育まれる「感受性」

 当山さんは「演劇は音楽や美術と同じように教育に盛り込むべき文化芸術です。良質な刺激を子どもたちへ届けたい」と意気込みを語る。
 演劇を通してコミュニケーションや読み書き、そして歴史などを学ぶ「演劇教育」は、表現力、集中力、学力、そしてクリエイティビティなどを総合的に向上するとして、海外では学校教育の中に当たり前のように取り入れられている。この場合は「演じる」ことによる効用だが、それよりも圧倒的に手軽に享受できるのが演劇を「見る」ことの教育的効果だ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ