【戦後76年】戦跡を巡る③ 戦後から時が止まる南風原山中の壕群

 
高津嘉山の山中には、今でも大規模な壕群が広がっている

 太平洋戦争末期の沖縄戦では、首里城の地下に日本陸軍沖縄守備隊第32軍司令部が築かれ、戦後そのままの状態で封印された。先の首里城正殿の焼失・復興再建計画に伴い、地下司令部壕の公開を求める声が上がっている。
 この司令部は、首里城地下に設置される以前は南風原の津嘉山に築かれており、その大きさは県下最大のものだった。

壕群が張り巡らされた南風原

 米軍との地上戦を控えた沖縄では、開戦前の1944年夏、南風原の高津嘉山に第32軍司令部壕が構築されていた。山中に高さ2m、総延長2000mにも及ぶトンネルが張り巡らされ、3000名もの兵士や十数名のひめゆり学徒隊も配置されていたという。

 しかし10.10空襲を受けた際、土壌の強度を不十分とし、岩盤の強度が高い首里城地下に新しく司令部壕を構築し、移動したのだ。その後、高津嘉山壕には軍の一部が残され機能していたが、戦後は手付かずのままとなり、現在も山中に大規模なトンネルが残っていると言われる。近年のバイパス道路工事に伴う発掘調査の際、壕の一部が現れたが再び埋め戻されている。

 また、字喜屋武には「黄金森」があり、山中に「沖縄陸軍病院」が作られれた。現在その一部である「沖縄陸軍病院南風原壕群20号」が戦跡文化財として保存され、見学することが可能だ。壕内には無数のトンネルが張り巡り、病院長以下、軍医や看護婦、衛生兵ら350人に加え、ひめゆり学徒222名も動員された。戦中、数千名の負傷兵が次々と運び込まれたという。

 しかし設備や薬が乏しく十分な治療が行えず、ランプの灯りを頼りに、麻酔を施さない手術や手足の切断なども常習的に行われた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ