埋立て前の海岸線が語る安謝・天久の琉球秘話

 

天久の旧海岸に点在する神々

 恵比寿神社から旧道を泊方面へと向かうと、右手には安謝港、そして左手には険しい崖を連ねる丘陵が聳え立つ。崖の上は天久の高台だ。この一帯は昔から崖と海に挟まれる土地でありながらも、崖下にはいくつかの湧き水が湧き出て、御嶽も多くあり、とても神聖な場所である。
 現在では道路拡張によって、誰でも容易にアクセスできるようになっている。そこで、このエリアに点在するいくつかの神聖なスポットを紹介したい。

 まず、旧道沿いのとある事業者駐車場裏に、突如不思議な空間が現れる。浮島神社跡だ。浮島というのは那覇がまだ離れ島であった頃の呼称。離れ島ながら交易大国琉球の中心港があり、行政の首里に対し商業の那覇と呼ばれた。13世紀には浮島と安里が一本の海中道路で結ばれ、その様相から「長虹堤(ちょうこうてい)」と呼ばれた。今でも僅かに名残がある。
 長虹堤の完成を祝い浮島に長寿宮が創建され、後に浮島神社へと社名を変更。しかし先の沖縄戦によって全て破壊される。そこから時を経て、天久の地に沖宮別社として浮島神社が再建された。現在は波上宮内に移され、仮宮が祀られている。しかし現在でも天久の神社跡には鳥居、拝殿、御嶽が残っており、とても神秘的な空気が漂っている。こちらにも巨大岩があり、かつてはその一帯が海辺であったことを感じさせる。

 さらに南下すると、今度は住宅街の小道の中に拝所が現れる。ガマフィージャーと呼ばれる湧き水側の拝所で、現在も少量ながら水が湧き出ている。そこから少し坂を上った場所には御嶽があり、沖宮の御祭神である母龍「天久臣乙女王御神」が祀られている。

母龍とされる天久臣乙女王御神

 ガマフィージャーから数百メートル南下した崖側にも、不思議なオーラを発する空間があり、森に囲まれた中に湧き水がコンコンと湧き出ている。坂中桶川(フィラナカフィージャー)だ。
 一本の大木の根元部分にはポッカリと祠のような空洞があり、そこに「天龍御大神」と刻まれた石が祀られている。その大木、見ようによっては龍の顔にさえ見えてくる。なんとも幻想的な光景だ。こちらは先ほどの母龍に対して、父龍である「天龍御大神」が祀られており、同じく沖宮の御祭神であるという。石には「龍泉の神」とも刻まれており、やはり命の源である「水」の神として龍神が祀られているのであろう。

父龍
母龍と比べるとより凛々しい姿にも見える父龍の天龍御大神

 天久には高台上にも御嶽が数多くあり、神との繋がりが強い集落のように感じる。アマミキヨと天久にも何らかの繋がりがあるのではないだろうか。そのような想いを馳せながら、歴史散歩を楽しんでみて欲しいエリアだ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  9月11日投開票(8月25日告示)の沖縄県知事選挙を前にして、立候補予定者に観光政策を問…
  2.  「はいさい、我んねー王瑞豊んでぃいやびーん。みーしっちょーてぃ、うたびみそーり(私は王瑞…
  3.  日本最西端の島、与那国町。台湾までおよそ110キロしか離れていない「国境の島」だ。人口約…
  4.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  5.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…

特集記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  3.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ