国内初 沖釣り船マッチングサービス スイベルが6日リリース

 
サービス開発の様子(スイベル提供)

 「アンケートで『沖釣りはしたいけど、メンバーを集めるのが大変』という意見をもらったんです。調べてみると、乗り合い船の業界はネット対応が進んでいなくて、沖縄県内でホームページを持っているのは10%以下。全国的にみても先行しているサービスがないとわかりました。月に1回釣りに行く人は全国に13万人もいるので、ビジネスチャンスは十分ある」

県外客も見越してブラウザサービスに

 当初はアプリ開発を考えていたが、県外から来る釣り人のニーズもあると考えて、アプリなしでも簡単に利用できるウェブサービスに切り替えた。
 釣り人の利用は無料で、最初のうちは船の登録も無料にする。サービス開始前の時点で、登録されている船の数は13隻。当面の目標は、沖縄県内の船でホームページがある約50隻の登録だ。

 「船長は楽しい釣り方を知っているけど、利用客には十分に伝わっていない。noriaiを通じて、船長の魅力も届けることができる。乗り合い船の情報を透明化して、他人同士と乗るという釣り人の不安や、知らない人同士を乗せるという船長の不安を解消したい。乗り合いによる釣りライフがもっと身近に、安全に、楽しくなると考えています」

 不登校時代の支えになった「釣り」をテーマにビジネスの道へ。大城さんは「不登校だった自分でも、好きなことで生きられることを証明したい」と笑顔を見せた。


スイベル株式会社ホームページ
https://www.swivel.jp/
「noriai(ノリアイ)」紹介ページ
https://noriai-okinawa.studio.site/

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

野添 博雅

投稿者記事一覧

1981年生まれ。O型の水瓶座。
琉球大学マスコミ学コースを卒業後、雑誌編集者、テレビ局記者、イベント企画、地方公務員を経て2017年6月に日本酒BARを開業し独立。4か月で接客業に向いていないと悟り店を閉め、現在は映像ディレクター兼ライターとして活動している。
担当番組はOCN「こんにちは!ベンビーです。」など。趣味は酒蔵めぐり。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添…
  4. 「コロナで失業しました。子供がいることで不採用にもなった所が何か所かありました。仕事が探せ…
  5.  5月23日に4度目となる緊急事態宣言が始まった沖縄県。GW明けから新型コロナウイルスの感…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告国場組前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ