常設展へ行こう 学芸員が語る魅力〜沖縄県立博物館・美術館 美術工芸編(3)

 
物外楼記(沖縄県立博物館・美術館所蔵)

琉球を代表する文化人の書

 そんな大嶺氏のコレクションから先ず伊禮さんが紹介してくれたのは、琉球を代表する文化人の程順則が書いた漢詩『物外楼記』だ。1714~1715年にかけて江戸立ちに参加した際、京都公家の近衛家熙に依頼され、近衛家別邸に寄せた詩の“控え”で、「程順則の書」として県指定有形文化財に指定されている。

「漢詩は的確な知識・教養と書の技術がなければ書けません。書を見ると、今の私達からすれば印刷されたかのように美しい字が並んでいます。当時の中国と日本、琉球を繋ぐ交流関係が明瞭に浮かび上がってくる貴重な資料です」

確かな書の技術による美麗かつ端正な文字が並ぶ(物外楼記、沖縄県立博物館・美術館所蔵)

 そして「この作品をきちんと保護していた大嶺さんはやはり、非常に目利きだったのだと思います」と付け加えた。

 県立博物館・美術館に所蔵されている作品とは別に近年、京都の近衛家側に贈答された“原本”とみられる作品が見つかった。伊禮さんが学芸員になって最初に任された展示で、2つの作品を取り扱った。
「300年ぶりに並んだ瞬間は感動で震えました。現在のようにコピーができないので、贈答用と同じくらいの精確さできちんと控えを作ってとっておいたんだと思います」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ